武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

・旧ホームページ掲載資料を転載 一部表や改行を修正


(陳受11第 3号)
五小こどもクラブの移転に関する陳情
受理年月日 平成11年 2月19日
陳情者 五小こどもクラブ父母会
陳情の趣旨

 小子化の影響は、武蔵野市そして五小こどもクラブにも及んでいます。五小こどもクラブの子供たちが通学する第五小学校も、かつては全学年4クラス編成であったものが、現在では6年生のみ3クラスで5年生以下は2クラスになっています。このように児童数は減少しているのですが、働く女性がふえている情勢のもとで学童クラブへの入所希望者もふえていますので、第五小学校全児童数における学童クラブへの入所希望者の割合はかなりの増加であると考えられます。昨年度、実際に入所した児童数は17名で、そのときの第五小学校の入学者数は、59名ですので、約29%は五小こどもクラブに所属したことになります。

 御存じのように五小こどもクラブは、第五小学校よりかなり離れたところに設置されています。大人でも徒歩15分、昨日まで保育園に送迎されていたような子供ですと30分以上かかります。

 子供たちの生活の中で放課後の時間は重要なものです。そして、子供たちの成長にとって放課後の遊び場のありようは極めて重要なものです。それにもかかわらず、学童クラブが学校から離れていることにより第五小の1年~3年生の放課後遊びのコミュニティは、二分されてしまうわけです。このことをもって、集団の分断、子供の孤立化とは言いませんが、その傾向を醸成しているのではという不安を感じます。

 学区域というのは当該学校を中心にして決まっているのだとは思いますが、五小こどもクラブの設置されております西久保コミュニティセンターは、残念ながら学区の南のはじにあります。学区域の北側に居住する児童は、帰宅時は学校までの30分プラス、家までのアルファの時間がかかるのです。学童保育事業の条例化に当たって保育終了時間が1時間延長されますが、現在の5時でも冬季ともなると周囲は真っ暗です。毎日、真っ暗な住宅街の道路を30分プラスアルファ歩かなければ家に帰れないのです。

 「子供を守る家」が設置される社会情勢です。「子供を守る家」の実効性はわかりませんが、それすら一軒も見当たらない暗い道路を雨が降っても雪が降っても30分プラスアルファ歩かなければ家に帰れないのです。

 夏期休業中の保育は、今までは午前9時から午後5時まででした。その保育時間中に学校のプール開放に参加希望する場合、プール開放の時間帯によっては、学童クラブから30分かけて学校に行き、通常のプログラムに従って泳ぎ、再度30分かけて学童クラブに戻ってきていました。真夏の炎天下に低学年の児童がこのような行動をとらざるを得ないことの心身の負担は少なからざるものがあります。また、夏期休業中は弁当持参のため衛生上の不安も残ります。

 以上のような状況は、五小こどもクラブの立地によって生じる困難な問題の一部です。

 現在、子供が安全で楽しい放課後の生活を送ることのできる場所は、残念ながら、それほど多くはありません。その限られた場所の中では、まず学校の存在を第一に思い浮かべます。公共の財である学校を子供の豊かな生活のためにいかに利用するかと考えるのは当然のことではありますが、その学校というものを公教育を担う「場」としてだけでなく、子供たちの生活をより豊かなものにするための「場」としてとらえ、積極的に利用していただきたく思います。

 小学校3年生の社会科では、武蔵野市の移り変わりを学習する場面があります。昔のものを調べたり、昔の遊びを調べてやってみたりしています。昔の遊びには、こま回し、べーごま、はねつき、カルタ、けん玉、めんこ、お手玉などがありますが、今の子供たちには、これらの伝承遊びを楽しんだり、技量を身につけていく場はほとんどありません。しかし、学童クラブでは、これらの伝承遊びのいくつかを娯楽として持続的に取り組んでいます。そうするうちにかなりの技量を身につける子も出てきます。テレビゲームに代表されるような遊びの流れに対して、体を使いながら意志的に技量を身につけるような遊び文化も、子供たちの生活の中に根づいてほしいものです。一人の子が素晴らしい技をやってみせれば、それを見ている他の子も自分もやってみたいと考えるのは自然です。

 五小こどもクラブが第五小学校校地または隣接したところに移転したならば、第五小学校という「場」において、こどもクラブに属する子供、クラブには所属しないが校庭開放等で遊ぶ子供とが時間を共有することができます。そうすれば、お互いの遊びの幅が広がるでしょうし、またそれ以上に一緒に遊んで仲よくなれるという無形の豊かさが生じることと思います。

 つきましては、これら諸般の状況を踏まえ、下記事項が実現するよう陳情いたします。


五小こどもクラブの設置場所を現在の西久保コミュニティセンターから武蔵野市立第五小学校の校地内または隣接した場所に移転してください。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/67-91946026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック