FC2ブログ

武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

9/14 学童協代表者会議

日時:2018 年 9 月 14 日 19 時 15 分~
場所:西久保コミュニティセンター
出席者:境南、1,2,3,4、5 小(議事進行)、井之頭(書記)、 関前南、本宿、大野田、 千川、桜野、市保連(3 名)、指導員(2名)

◆市長への要望書提出について
去年殿要望書の内容と市長からの回答(総会資料(学童協ブログ)に記載)
―学童児の増加(継続)
―障害児の小 6 までの受け入れ→市から回答あり(今年度の内容には入れないか、確認程 度に記載)
―育児休業中でも受け入れ(継続)
―防犯体制の強化(明確な回答がないので、文面を変えて記載)

今年度追加したい要望を各クラブで集める(追加したい要望とその背景)
・提出方法
→学童協のメーリングリストに送付
→グーグルドライブのシートに書き込む(四小が作成、管理)

スケジュール
9 月末までに新しい要望を各クラブから出してもらう
会長校を中心にまとめる
10 月末の代表者会議で第一稿を提案
11 月 市長に面会、要望書を手渡す

(四小からの要望例)
間違った時間に帰宅させられた場合に、練馬区では入退所時にタイムカードを打刻して保 護者に通知されるというシステムを導入している。

◆全国学童保育研究会
10/20.21 神奈川にて開催
6000 円×5 人(3 万円)助成枠を予算内で確保している。三多摩の助成 2 万 5 千円と合わ せて 5 万円程度助成あり。指導員が参加する場合も助成する方向。事前申し込み制のため、 申し込んだ場合は必ず参加してください。
毎年全国規模で開催されるので、東京近郊での開催は稀。是非この機会に参加してみてく ださい。
参加希望者は 9 月 23 日までに申し込みをしてください。

◆指導員研究会(10/9)
三多摩出席者経由で指導員研究会のお知らせがあるため、指導員(保護者も)に周知して もらいたい。

◆三多摩連協(9/23)の案内
9/23 武蔵野市にて開催、各クラブから案内してもらいたい。多くの方に参加してもらいた い。懇親会も開催予定
三多摩連協とは:都内16自治体の学童協が集まって月1回会議を開催。各市の学童の様子、 都、国の動きについても情報提供される(9/23 は武蔵野市西久保コミセンにて開催)

◆学童保育誌の還元金について
1 小(会計):雑誌は武蔵野市で一括購入(送料無料)。6 月に 16 部注文あり。通常、20 冊 以上で還元金が受け取れる。追加注文があり合計 22 冊購入で還元金が出た。これまでは武 蔵野市学童協の会計残高に還元金が加えられていた(返金が手間などの理由)。払った側が不要と言わない限り返すべきでは?雑誌は指導員も購入しているケースがあるため、なお さら返金すべきでは?
境南:22 部中個人購読は何部?返金方法は?
関前:学童で買っている場合と個人で買っている場合があり、返金は複雑になるため、返 すか返さないか統一すべき。返す場合は総会で決定する事項ではないか。
5小:還元金の扱いについて、三多摩で確認してもよいのでは?
境南:三多摩での話し合いの内容も含めて扱いを決定するのがよいのでは?各クラブの購読者、指導員の購読者の意見も募って決める(→指導員(4小):還元金があることは知っていた、戻さなくてよいとの返事あり。 )

◆三多摩など出席した場合の交通費など
1小:学童協のお金のやりとりはゆうちょ口座を介した方がよいのでは。振込手数料無料だが、クラブによっては、みずほや他の金融機関を使っている。理想としては口座を統一 できればよいのでは?
4小:会社以外の団体がゆうちょで口座を作るのが大変なので、みずほで作ったという経 緯がある。
5小:代表者と所在地を規約に明記しなければならないと言われ、規約に追加した。

◆こどもまつり 本宿:第2回実行委員開催済(9月4日)。例年通り、豆掴み。指導員はベーゴマとけん玉。
当日は駐輪場の設営運営(大野田と本宿が担当。お手伝いを各クラブで出してもらえると ありがたい。)
チラシはこども協会から配布してもらえる。指導員からの配布がなければ ML にて連絡し てください。
小学校の英語教育を考える会、35 人学級実現への署名のお願いのチラシあり。まつり当日 に署名集めるので協力お願いします。
まつりの HP にて詳細を記載。10 月 21 日 10 時から開催。
関前:祭りへの協賛金を毎年出している。
本宿:かんぱ金も募っているのでお願いします。

◆お弁当について(千川より資料あり)
千川小:千川小でのお弁当運営の紹介。2016 年度より実施。過去の学童協の議事録をもと に実施している学童クラブの詳細についてまとめた。
弁当運営の主体は父母会内の有志が担当。父母会の係が担当しているものではない。係りが担当すると形骸化してしまう恐れがあるため、機械的に進めることを防ぐために有志で 運営している。運営の趣旨に賛同してくれた家庭にのみ情報を提供。
朝8時までに伝助に登録→家庭、指導員と共有。この情報をもとに業者が弁当を準備。 「しろやま」を利用。利用者は代表者に対して利用金をゆうちょ口座に振り込む。
毎日実施ではなく、週2回など日を決めて実施。(あくまで負担を一部助けることが目的)。 学童のスペースに制限あり、子どもが飽きる。宅配の子が自虐的になるなど報告あり。
間違いがないようにしているが、休みの場合に発注してしまった場合、発注したにもかかわらず、お弁当を持ってきてしまった場合などある。→指導員さんに負担をかけることに なる。今年度の問題があったのは1件のみ。
火曜日と木曜日に実施。11 名 56 食利用。味は好評であった。足りない子は追加のおにぎり や果物など持参。
面識がない利用者との金銭のやり取りには不安があるが、現時点では未徴収など問題はな い。
資料に記載した実施校の実施内容に問題があれば、訂正して情報共有してほしい。
通達に応じて食物アレルギー児は宅配サービス対象外。
境南:やっている中で問題はあるか?市からのサポートが必要な部分はあるか?
千川:市にサポートしてもらうのが一番であるが、ハードルが高いのでは?モラルの高い有志での運営する限りでは問題ないが、利用者が増えれば一定の確率でモラルの欠如が起 きるのでは?
5 小:1 食でも宅配してくれるのか?
千川:わからないが、
4 小:弁当を注文する際の手間があると思うが、弁当を作って持参させるよりも効率が良い のか?どうしても作れない場合に、曜日が固定化されていると便利さに欠けるのでは?
千川:緊急時のツールとしては使いにくいかもしれない。
4 小:子供にお金を持たせてコンビニで買わせる方が楽なのでは?
千川:運用を開始する際にそのような議論はあった。買って持たせるということにも問題はあるので、現状に落ち着いた。理想の形ではないが、負担軽減と言う意味において一助 となっている。
本宿:実施内容の捕捉をします。料金は 400 円となっているが、ご飯の量によって料金か わる。実施は月~金(いつでも頼める。)注文方法はサイト内の本宿専用ページにアクセス し、当日の 8 時半までに注文。計算方法はクレジットで自動精算。支払いの手間がない。 指導員には連絡帳にて知らせることになっている。
境南:指導員さんはどう思っているのか?
指導員:現在はシステムとして確立しているが、ここに至るまでにはお弁当の取り違えなど問題があった。その積み重ねて今がある。アレルギー児への対応など気を付けなければ ならない点はあるので、子どもたちが傷つかないようにしなければならない。
1 小:発注ミスでお弁当がない子がいたときに、指導員さんがカレーを買いに行ってくれた ことがある。保護者としては楽。試食したらおいしかった。コンビニ弁当より栄養面でも優れている。支払いも保護者と業者間でやり取りできるため、指導員さんの負担となって いないとよい。
関前:奈良市では全市でお弁当宅配実施。代表者が陳情して実現したという経緯があるよ う。この件を要望書に追加するのはあり?
境南:毎回話題になるトピックなので追加するのはありかと思う。この件についての意見 も各クラブで募ります。
井之頭:補足。伝助にて登録。父母会でお弁当係りが決まっている。システムとして確立しているので、運用しやすい。ごみの持ち帰りは子どもなのでカバンの中で散乱している こともある。業者側が忘れていたことがあり、指導員がカレーを出してくれた。

◆各クラブでの夏休み中のイベントなどについて報告
境南:海の日にキャンプ実施。川遊び、すいか割、キャンプファイヤーなど。総勢200人以上が参加した。やけどによるけが人が2名出た際に対応したほかは、無事に実施でき た。
2小:指導員主催の夏祭りあり。平日午後の開催で、担任や保護者も参加してくれた。
4小:デイキャンプ。50~60 人参加。暑い日だったので、バーベキューの料理が残ってし まい、お父さんたちが必死に処理してくれた。台風等であそべえのイベントがつぶれたり しても、指導員さんが楽しませてくれた。
関前:キャンプ実施。60 人程度参加。暑い日だったので、山登りを中止して川遊びした。 コテージに冷房がなかったので子供が寝付けず、保護者がうちわで仰いで寝かせた。暑さのため体調不良者が出て途中でお迎えとなったケースもあった。 3 年親子のみナイトハイク。 保護者の負担が大きいので、別のイベントに代えるべきではという意見もあった。
千川:8 月初めにキャンプ実施。ますのつかみ取りを毎年行う。1 名発熱し途中帰宅したほ かは、問題なく実施できた。夏休み最終日にお楽しみ会。
井之頭:キャンプ。夏祭り。
桜の:キャンプあり。最終日はお楽しみ会。
本宿:中央公園でバーベキュー。出欠はアプリで行ったがとてもスムーズだった。夏休みの始めにカレーを保護者が用意した。オリジナルアイスの日(自分でトッピング)。水鉄砲 で遊ぼうなど。コリント(ピンボール)を製作し、10 月のコミセン祭りで展示。
1 小:キャンプ。150 人参加。1 年半前から予約していた。
5 小:最終日に夏祭り。3 年が主体となって実施。

◆次回会議
11 月
要望書の内容を中心に議論。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/540-d63bf70b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック