武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

武蔵野市学童協代表者会議  第1回代表者会議 議事録
【開催】7月14日(金)  19:15~21:00 中町集会所
【出席者】各学校学童協担当者・関係者 


会長校 1小 平岡さん挨拶
お疲れ様です。役員校のメンバーもがらりとかわり、OBの方々にもサポートしてもらいながらの活動となると思うが、学童クラブの環境を見守る組織として、役員校はじめ、父母会等、全体で協力しながら活動できるようにしていきたいと思う。

① 武蔵野市学童クラブについての説明。子供家庭部児童青少年課 原島 課長
 現状についての説明。(詳細はプリント配布)
・就労等によって保護者が観護に当たれない児童の健全な育成を目的としている。
・現在は法人に委託をしているが、実施主体はあくまで市である。法人は運営面を担当、入会審査、費用の徴収等は市が行う。事業は、届け出制をとっており、民間の(塾などに併設されているもの)とは別。現在は学校ごとの『学童クラブ』と、放課後の育成を行うクラブ3ヵ所がある。
・対象児童は、法的には小学校に就学している児童であるが、現状武蔵野市では3年生まで。特別の理由がある場合、4年生までとなっている。
・規模は1つの支援単位を概ね40人(児童)としているが、オーバーしているクラブもあり、現在整備中。他の地域ではかなり多くの児童を抱える所もある様子。
・職員体制は、1つの支援単位につき2人の指導員。有資格者(保育士等)と研修を受けた補助員。
・開所時間は、学校休業日は8時間以上、平日3時間以上。武蔵野では、学校休業日の開所時間を早めて対応するなど、保護者の要望を受けて改善を行ってきている。
・施設・設備について武蔵野市では、定員を一割上回っても国基準の、「1児童1.65㎡の専用区間面積確保」ができるよう整備している。が、現状、クラブによってはかなり多くの児童が利用し、十分なスペースが確保できているのか?といった課題が出ている。その際は、学校へ掛け合い、空き教室の活用などで早急に対応、夏休み等で拡張工事を行っている。(今年、境南小、井の頭小、桜野小)
 質疑応答
Q・国より厳しい基準で指導員を配置しているとの事ですが、審査は入り口のみですか?
A・武蔵野市では、その後もフォローアップ研修や、障害、遊びに関する研修を行います。
Q・1支援単位につき2人の指導員ですね。二人とも正規職員ですか?
A・1人は正規職員、1人は非正規職員(2人とも有資格)です。2校に1人フリーの正規職員を配置しています。
 法人へ委託後も、毎月運営に関する報告を受けている。館長会議等で、育成事業の課題については把握しているが、この様な学童協の会議にて、具体的な意見等、ぜひ市に挙げていただきたい。子供にとって良い環境を整えることを目指し、法人との共有、改善に向けた取り組みを行っていく。
                          
② 年間スケジュールについて。 会長校 1小 平岡さん
・年間通しての会議やイベントについて、担当校、日時等プリント配布(学童協内共有)
・学童協の活動に関しては、おやつが市の事業になったり、学校休業日の開所時間が早まったり等、子供達の育成環境の改善、家庭と地域、市との連携を図ることができる非常に有意義な活動です。皆さんで協力してやってきたいと思う。
・会場については、基本、中町集会所になる。
・三多摩学童協について。 現在16団体が参加しており、都への要望をまとめるような組織。この会議への参加は、副会長校プラス、父母会から参加できると良いと考えている。武蔵野の代表としての出席となるが、他の自治体との違いや、現状の把握等非常に良い機会。
・三多摩フォーラムについて、専門部校(桜野、関前南、千川)桜野小より。
12/10に開催。会場は、武蔵野プレイス・市民会館・スイングホール、3ヶ所で行う。
 いずれも500名以上の収容ができない為、全体の講演も場所を分けて行う。
 講師は、12~14名お呼びする予定。何名か候補が挙がっているが、他にも候補の方がいらっしゃれば、担当まで連絡をお願いしたい。
 「実行委員長を決めます。先日実行委員会に出てくださった尾曲さんで良いですか?他に立候補いらっしゃればぜひ。」
 拍手で可決。
 「当日は、相当多数の来場者があり、感動的!ぜひ皆さんで協力していきましょう!」
・子供祭りについて、専門部校(5小、本宿、井の頭) 5小より。)
 例年、カンパのお願いがあるので、よろしくお願いしたい。
 学童協からの出し物(ブース)を出す。例年通り、豆つかみを想定。

学童の出し物
前日当日の準備をお願いしたい。
↑について。8月の実行委員会が終わったころ、どの様な作業に、何人必要か、どの位時間が掛かるかを提示してもらうと、声掛けがスムーズにいく。

・ブログや、メーリングリストの管理は事務局が行う。
・学童ニュースの印刷について。印刷、配達等は今年度から、『共同作業所「希望の家」』に外注。地域が、協働して取り組んでいける面も含め、非常にサービスも良く、今年度はこの形でやっていきたいと考えている。

③ 各クラブの状況共有
クラブにおいて、指導員と保護者の連携がうまくいかない。児童の行動をけん制できず、
他の児童が精神的なストレスを抱える。等の課題が見えている。市の責任に関して、要望書を提出することを検討。原案を共有し、過不足あれば、会長校 1小 平岡さんまで。
④ 三多摩学童総会の報告(副会長校 大野田小)
他の地域の現状について。委託状況、職員の処遇に関して。都にアプローチしていく会になる。セーフティーネットとしての機能もある。
三多摩連合の財源として、学童保育誌の購入費用がある。ぜひ積極的な購入をお願いしたい。
 次回は9/8金曜日。今回出席している方以外が出席されることもあると思うので、会議内容に関しては、各校共有していただきたい。 
記録・2017年度 事務局 菱田(四小)
                                                                           以上。


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/517-afb39c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック