武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武蔵野市学童クラブ協議会 第3回代表者会議 議事録

【日時】11月13日(金)19:15~21:00
【場所】西久保コミュニティセンター会議室
【参加者】各学童クラブ代表者



1.障がい児受け入れ要望についての市長面談報告(会長)

■面談内容:
日時:11月4日18:10~18:50
出席者:市長、原島課長、兼田、駒津、障がい児をもつ母親2名

障がい児の小6までの学童受け入れについての要望を改めて伝えた。

市長側からは、重々問題については理解しているが、各クラブ定員が一杯であること、
また指導員側の受入体制を検討する必要があるということで、明確な回答は得られなかった。
学童協としては引き続き、継続フォローしていく。


あそべえでの受け入れ案もあるが、プロの方を毎日配置することは現実的でなく難しい。
またあそべえの特質上、障がい児の受け入れは難しい。よって引き続き学童側で受け入れることが望ましい。
専門知識を持ったプロの方の加配でなくても、アルバイトの方で同じスタッフが
子どもの個性を理解して毎日つく配慮で十分(その方が子どもは安心できる)ではないか、などの意見があがった。

あるクラブより
クラブ内で、障がい児に対していじめ行為があったことがある。
指導員間でこういった事例を共有し、障がい児を受け入れる際の注意点や
他の子どもに対しての指導などについて情報を蓄積していってほしい。


2.三多摩フォーラムについて(副会長)

■11月29日に第26回三多摩学童保育フォーラムが
東京農工大学にて開催される
ポスター掲示と各学童クラブに参加者の人数集約をお願いしたい。
学童協への連絡の最終締め切りは11/18

事前に参加申込があった場合は参加費と保育費は学童協から補填する。(指導員も同じ)
当日参加者は領収書があれば、後日精算可能

今年度、武蔵野市は、
分科会12「おーい、みんな、よっといで!」
の司会と議事を担当(一小 三多摩フォーラム担当者が対応)

分科会4「子ども・子育て支援新制度」
は、今後の子育て支援制度制定する厚労省の方がパネリスト。
興味深い内容であるため、会長・副会長が参加予定



3.三多摩連協報告(副会長)

■10月24日に開催された協議会に出席した。主な内容は以下の通り。
A) 三多摩フォーラム参加依頼のお願い
B) 全国学童保育研究集会 in 大阪の紹介
C) 情報交換した内容の報告

・学童床面積の算定基準解釈
市によっては登録者数でなく出席率で基準値をクリアしていればOKとしているところがある。
(武蔵野市の床面積は全在所児童数で算出。)
基準値算定方法が曖昧なまま各行政動きだしてしまった結果このような事態になっている様子。
三多摩フォーラムでこの基準についてもクリアにしてほしい旨働きかける予定。

・議員議会とのつきあい方
各市の学童協とも、活動の協力を得るために、会派ごとに挨拶回りをする等、
議員や議会とのつきあい方を工夫されている。
武蔵野市は、学童協OBの川名ゆうじ議員とつながりが深く
情報交換させてもらっている。

・小金井市の取り組みの紹介
小金井市の学童協の取り組みが、非常に熱く
50周年記念誌を発行したり、学童対応運動会を開催して横のつながりをもったりしている。
また、各学童ごとにアンケート実施しその結果を集計グラフにし、
問題を可視化。市に要望をあげる際の資料として活用している。

・ その他
市によっては、学童めぐりを定期的に行って
他の学童クラブの様子を観察したり、問題点を共有したりしている。


4.子どもまつり報告(境南)

当日は、天候にも恵まれたくさんの方が参加された。
学童協ブースでは、スリッパとばしを行い
350名ほど参加があった。途中景品のお菓子がなくなったが
引き続き参加者がいてよかった。


ドッチビーについて

学童対抗でとても盛り上がったが、1試合ごと子どもを拘束する時間が長かった。
子どもまつりの自由参加自由解散の趣旨には合わないのでは?という意見あり


ドッチビーの学童対抗戦は非常に盛り上がりよかった。
子どもまつりでは、集まった子で対決としてもよいのでは?
ルールについては、市に依頼すると講師を派遣してもらえる。
学童時間中に夏休みなどに利用してもよいのでは?
また、他の学童との横の関わりがないので、
子どもまつりとは別で繰越金を活用して、ドッチビー大会を企画してもよいのでは?


#寄付金のあった学童クラブから集金


5.繰越金の扱いについて(会計)

■現在繰越金が40万ほどあるがこの使い道について

役員間での話し合いでは、
今後も学童登録世帯が増加傾向にあること、また例年支出額が10万程度であることから、
特に意見がなければ会費を200円から100円に下げ、繰越金を減らしてくという案がでている。

⇒再度、各クラブに持ち帰り本件協議してもらう。



6.第4回代表者会議(1月実施)の日程について(会長)

■総会の際に、1月開催の代表者会議は仮で1月8日となっていたが、この日程について

年始であるため各クラブに希望を伺った。
多数決の結果、1月15日開催することに決まった。

場所は、西久保コミセン改装工事期間中のため、
後日予約できた施設をらくらく連絡網で通知する。



7.各学童クラブからの報告(情報交換)

・関前南:11月29日に交流会、忘年会を開催予定
・四小:12月お楽しみ会(クリスマス会)開催予定
 未就学児も招待して学童がどんなところか知ってもらう
・桜野:子どもまつり報告(ベーゴマ、紙鉄砲)
・境南:11月1日にコミセン祭りに参加
 ベーゴマ、よさこいなどを行った 
・三小:ぶじかえる活動の紹介
(学童OB父母ボランティアによる18時〜19時 
コミセンで子ども預かる活動 来春の時間延長開始により終了予定)

・五小:学習発表会 11月13日14日開催
・井の頭:コミセン祭り参加 
12月は例年クラブと父母会でイベントが重なっていたため、
今年度は春を呼ぶ会(豆まき)をやる予定

■おやつ代についての質問
来年度より市が育成料5000円+おやつ代2000円を一括徴収する方針と聞いているが、
おやつ代はクラブによって余った金額をイベント費に充てている。おやつ代の運用はどうなるのか?

まだ指導員にも具体的にどう運用するか通達がきていない。
市の議会も通過していないため、決まっていない可能性がある。
⇒学童協・指導員双方から市に確認

・一小:10月24日秋の親睦会 ビンゴゲームなど行った
・千川:原島課長と面談を行った
(面積問題・長期休み期間のお弁当業者利用について)

・二小:9月26日親睦会を行った 
子どもまつり報告(たこたこあがれ 剣玉など)
2月11日親子行事 立川防災館で開催予定

来年度の学童クラブの場所の不安
 ⇒空き教室を来年度も利用できるのか?学童協からも市に確認を行う。

・本宿:11月14日15日コミセン祭りに作品掲示
年明けにドッチビー大会予定

防災用備蓄品の補充を行った。
⇒次回、各クラブで行っている防災関連で取り組みについて、情報共有

・大野田:子どもまつり報告(シャボン玉)
ドッチビー優勝。
当日父母会主催バーベキュー大会を行った。
年明け餅つき大会を予定

以上
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/493-2757209f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。