武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

2014年度第2回代表者会議が2014年9月14日(金) 19:15から、西久保コミセンにて行われました。

I. 報告

◆議員懇談会報告
8/23に川名ゆうじ議員と学童協役員で懇談会を行い、条例案や学童クラブの現状に関して意見交換を行いました。

◆議員視察報告
8/27に境南・桜野クラブに議員に視察していただきました。

午前、境南。
参加市議:川名さん、田辺さん、土屋さん、本間さん、小美濃さん、前田さん。
- 境南は子どもたちが勉強中だったので、子どもたちとは話さず、指導員さんと話をしました。
- 静養スペースが物置のようになっている現状を見てもらいました。
- 人数が多くなりパーティションで区切って使っている。

午後、桜野。
参加市議:川名さん、土屋さん、本間さん、高野さん、西園寺さん。
- 事務室の中に簡易ベットを用意して静養スペースとしている。
- 短時間でどれだけ伝わったかは分からないが、狭いということは認識してもらえたと思う。
- この施設に6年まで受け入れは無理ではないかということで、旧桜堤小学校や二中などの近隣施設を利用していくなどのアイディアについて意見交換を行いました。

◆三多摩学童保育連絡協議会
8/24に国立市くにたち福祉会館で三多摩学童保育連絡協議会が開催されました。

- 8月に厚生労働省が放課後子ども総合プランのQ&Aが出ています。
- 第49回全国学童保育研究集会が10/11(土)〜12(日)に岩手県で開催されます。参加希望される方は、学童協から補助金を出しますので、お知らせください。
- 三多摩学童保育連絡協議会は毎月持ち回り開催しており、今年度の武蔵野市の担当回は、来年1/25(日) 13:30-17:00頃に行います。

◆子どもプラン報告
9/1に武蔵野商工会館にて子どもプラン推進地域協議会が行われました。

傍聴された千川さんからの報告。
- 放課後施策、各種基準に対する回答等が出ていました。
- パブリックコメントについて。条例案に従うという回答がなされました。例えば、1人あたり2平方メートルという要望があったが、概ね1.65平方メートルでやりますという回答でした。
- 条例にもあまりパブリックコメント内容は反映されないようなので残念という印象を受けた。
- 通学路への防犯カメラの設置が検討されている。
- 中小の連携、9年間の小中一貫教育について検討されている。

小川会長から報告。
- パブリックコメントについては、総数39件、意見数80件。
- 学童クラブに対する考え方の条例については、総数10件、意見数27件。
- 9/10の文教委員会で可決され、改正されました。ただし一箇所のみの模様。それ以外は育成指針、施行条例、条例施行規則等に書かれている。
- 武蔵野基準案、現行の武蔵野学童クラブ条例という二つの条例ができた。
- この後話し合う報告書素案に意見を反映して、決められたスケジュールの中で、こちらから働きかけて、より良くしていくことが争点だと思っています。

◆報告書素案に対する意見交換
小学生の放課後施策推進協議会の報告書(素案)に関して、各クラブで話し合った内容を発表していただきました。

桜野。
- 育成時間についての要望多数。特に長期休暇中の開所時間がなんとかなりませんか。
- 19時になったら補食も必要だと思うので、有料でもいいので、どうにかならないか。
- 職員、指導員、補助職員、スタッフという用語が不透明。
- 随所に3年までは学童、4年以降はあそべえという前提が見て取れる。
- 4年生以降をあそべえで受け入れるのは、プログラムが低学年向けなのが問題。
- 物理的にキャパシティが足りなくなってきているので、コミセンやプレイスのような施設を活用して高学年の子を預かるといった柔軟な対応はできないか?
- 桜野で6年生まで受け入れてほしいかというアンケートをとったところ、100人ほどの回答中、三分の一がほしいという回答、長期休暇中はほしいという回答は四分の一。

井の頭。
- 障害児について細かいことが書いていない。学校の特殊学級と同等の基準でやっていくのか、学校もケアしていない子にも広げて見ていくのか分からない。

五小。
- ファシリティーの改善。五小は床に刺が出ている箇所があるので、体育館シューズ必須になっている。トイレがとても遠い。指導員が改善要望・申請をあげれば、それを実現できるような体制にしてほしい。
- 指導員の質。リーダーがアルバイト・パートの教育をしっかりできるような体制にしてほしい。
- 武蔵野市で一括しておやつの運営をしてほしい。
- 市による長期休暇中の昼食の運営。
- 長期休暇中の開所時間。8:30開所だと9時に出社できない人がいるのではないか。8:00開所を希望。
- 夏休みに限らず18:00閉所は大変。30分だけでも延長できないか。
- 3年生になると辞めていく子が出てくる。あそびが合わないのではないか?

私見として、「障害」「障がい」を統一してほしい。80名になったら40名に分割というのは雑な基準で、学級分割の基準に合わせて30名にするなど、もう少し配慮が必要だと思う。

四小。
- 11ページの職員の体制について。障害の質をみて欲しい。学校と連携して、障害の程度や内容に応じて職員加配の人数は考慮してほしい。学習の場である学校も大変なので、生活の場である学童ではもっと大変。加配される職員は専門教育を受けた正職員であってほしい。
- 12ページの対象児童について。分割上限80名は1つのクラスで見れる人数を超えていてる。分割上限は60名にすべき。上限ぎりぎりで推移するのは困るので、どれくらいで分割するのか明記すべき。
- 13ページの開所閉所時間について。9時出社を想定するともっと早く、8時にしてほしい。19時まで延長してほしい。国立、私立等の学校、学級閉鎖も考慮して預かって欲しい。
- 15ページの衛生管理について。ありがちな感染症としてしらみがあるが、四小の場合は昨年2回連絡が来ている。重い感染症ではなくても、もっと情報共有していってほしい。
- 4年生まで通わせてほしい。長期休暇はなんとかお願いできないか。
- 指導員を加配してほしい。
- 職員の待遇を改善してほしい。先生のモチベーションがあがるとより良いサービスを期待できると思う。

千川。
- 学童とあそべえの一体化。待遇改善が期待できる反面、市長等が変わった時に悪い方の一体化に変わらないよう法的根拠が必要ではないか。
- ボランティア頼みにならないよう、市もある程度基盤を整えてほしい。
- 高学年向けのコンテンツを用意する方向で考えてほしい。
- 誘拐未遂があったりしたので、防犯を強化してほしい。

三小。
- 標準的な事業への要望として、6年まで受け入れの箱がない現状は分かるが、4年夏まで希望があれば受け入れてほしい。
- 高学年向けのプログラムをあそべえに丸投げではなく、市がリードして欲しい。
- おやつのお金の管理は市で行ってほしい。実際の運営に関しては、その日の出席状況やアレルギーに関して細かくコントロールできないなど、完全に市の事業にすることのデメリットもあるのではないか。
- 指導員の年収・業務量・責任が見合っていないのではないか。育成料の値上げも已む得ないのではないか。子ども協会に移管されたら正職員にしてほしい。
- 土曜開所にフリーの指導員が入ってきているが、指導員は固定が望ましい。
- 男の子の体力や遊びについていける男性職員の配置を希望。
- 8時開所、19時閉所を希望。保育園のように延長料金が必要になってもやむえないだろう。お迎えは学年によって必要性が異なるのでは。
- 備品を除いた面積を1.65平方メートルにしてほしい。学校とも連携して別の遊び場を確保できればよいのではないか。
- 衛生面の要望として、三小は施設が老朽化していて、鼻炎や喘息の被害が出ている。また、トイレが遠い。
- 14ページの児童虐待等への対応について。学童は学校と共に児童虐待の発見に大きな役割を果たしていると思うので、もっと具体的に列挙したほうがよいのではないか。
- 防災防犯の対応について、緊急時の対応をもっと明確にしてほしい。
- 土曜日の職員1人体制について、怪我人が出るといった緊急時の対応に関して疑問。

二小。
- 高学年向けのあそべえの充実。現状のあそべえの内容では物足りないので、有料での習い事的なものがあってもいいのでは。
- 学童での一時預かりの充実。長期休暇や保護者が不在になる期間だけ受け入れる機能があってもいいのでは。
- 職員の定着のために待遇改善が急務。
- 二小は2つに分けているが、雨の日など外に出れない日はかなり窮屈。1.65平方メートルの基準は、物を置いていあるところを含めているのかどうかはっきりしてほしい。
- 長期休暇中の開所時間を前倒して、8時にしてほしい。閉所時間に関しては、大人のお迎えが必要という条件で19時にしてほしい。
- おやつに関して、市が育成料と一緒に徴収してお金だけでも管理してほしい。

境南。
- 施設的には新しく、男性職員がいるなど、他のクラブより恵まれているのかも。
- 上限80名について、もっと明確な書き方をしてほしい。
- 長期休暇の開所時間は8時にしてほしい。延長に関して、延長料金が発生しても、お迎えが必要でも構わないので19時までにしてほしい。
- 文書中の地域こども館と図の中のあそべえが認識できなかった。
- 17ページの企画運営会議・子ども協会・学童の三角関係が、指示関係がはっきりせずトラブルになるのではないか?

一小。
- 10ページの高学年支援事業について、内容にイメージが湧かない。内容を充実させてほしい。
- 11ページの職員体制について。児童の病気や怪我、突発的な事態への対応に不足があるのではないか?非常時のことを想定した要員の配置をしてほしい。
- ボランティア主体で、子どもが自由に来て自由に帰るというあそべえと、学童では子どもを預かるということに関してギャップがある。一体化にあたっては、そのあたりをきちんとしてほしい。
- 指導員の研修を積極的に行って欲しいが、現在はそのような時間はとれないかもしれないので、新しい体制では改善してほしい。
- 国立・私立に通う子どもに関しても考慮してほしい。
- あそべえと同じ開所時間を期待。閉所時間も保育園と同じように19:15まで預かってほしい。
- 14ページの障害児への対応に関して。表現に配慮してほしい。虐待について、子ども家庭支援センターだけではなく、学校との連携も明記してほしい。
- 災害時には、閉所時間にとらわれず、かけこみ先として子どもをうけいれてほしい。

関前南。
- 5ページの連携について。連携によるサービスの質の向上を期待します。
- 「増加が見込まれる」という点について、定員が超過した時に、具体的にどのような対応をするのか示して欲しい。あるいは各クラブごとに策定してほしい。
- 専用スペースについて、玄関やトイレ、物置のスペースを含めているのかどうかを明記してほしい。
- 閉所時間について。保育園が19時なのに、小学校に上がると18時までというのは市の政策として整合性がないと思う。
- 児童厚生員がどういう人数でどういうレベルの人なのかが分からない。児童厚生員に期待すぎていないか。
- 9ページ4の(1)に関して、あそべえは選択肢の一つだとおもっていたのに、あそべえに行くことを前提にしている表現があり違和感がある。

本宿。
- 防災について、本宿では独自に非常食を用意している。帰宅困難が予想される中で、おやつしか蓄えがないというのは問題ではないか。
- 本宿のように児童数が少ないクラブの場合は、フレキシブルに運営を出来れば、高学年を含むニーズを満たせるのではないか。
- 児童数の数が少ないにも関わらず、決まりだからということで加配を受けている現状もあるので、弊害が出ているとも言える。
- 一体化を契機に、職員のマルチタスク化も改善できれば、指導員が少人数でも受け入れ可能な体制もつくれるのではないか。

大野田。
- 地域運営会議において何らかの形で意見をだせたらよいのではないか。
- 児童厚生員が何なのかが不明確。市役所に問い合わせたところ、あそべえのコーディネーターが2名いて、児童厚生員として各館を廻ってもらうことを想定している。12施設には物足りない人数であることは市でも認識している。
- 9ページの施設利用に関して。学校の施設を使わせてもらっているが、優先的に使わせてもらえるような配慮をお願いしたい。
- 子どもたちが宿題に取り組む時間と場所を確保してほしい。
- 「地域色を活かした運営」ということに関して、反対はしないが、普遍的な最低限のサービスは市内全体で確保してほしい。
- 人数が確定しない中で計画を立てるのは無理があるので、全世帯へのアンケートをお願いしたい。
- 施設全体の安全対策や個人情報の保護等に配慮してほしい。大野田の場合、学童に行くのに一度校門を出なくてはいけないので、学校から直接通えるルートを用意してほしい。
- 学童、あそべえにもAEDを設置してほしい。
- 障害児について。1人でも補助指導員は必要ではないか。ボーダーラインの子が複数名いることもありえるので、配慮してほしい。
- 17ページに「スタッフ登録数を減らし」という記述があり、疑問に思って市役所に問い合わせたところ、あそべえでの稼働実績が少ない登録者を整理していく意向という回答を得ました。

各クラブの発表後の意見交換の中で、育成面積や児童数増加に関連して、学区ごとの子どもの数の統計を市役所内でも共有されていないのではないかという疑問提起がありました。

また、小川会長より保育機能と託児機能のどちらを求めていくのかという問題提起があり、数名の方からご意見を頂きました。
- 保育機能の充実を求める方向で議論を進めているが、託児機能が求められているならば、議論がごっちゃになっている。(会長)
- 行政に希望を出すならば、高学年に関しても保育を求めるべきではないか。習い事等は各家庭で決められること。
- 議員を視察してもらった時に、境南は全体80人のところ、習い事のために平均60人しか集まらない。稼働率75%で余裕があるという見方もできる。すでに託児とみなされかれない。
- 長期休暇中に子どもを独りで家にいさせるのは不安なので、あそべえで書道等の指導をしてくれると、子ども達も自然と足がむくのではないか。

今後の流れとして、頂いた意見を元に17日の放課後施策推進協議会で会長が意見を発表してきます。

II. その他

◆子どもまつり
- ポスター、パンフレットをお持ち帰りください。
- カンパについて。
- お手伝いのお願い。前日の準備と、当日の運営。詳しくはメーリングリストで。
- 景品(駄菓子)のために、1000円程度の予算を使います。

◆在籍児童数・世帯数
- 大野田:88世帯 93名
- 本宿:(報告なし)
- 関前南:31世帯 32名
- 一小:60世帯 62名
- 境南:79世帯 85名
- 二小:66世帯 74名
- 三小:70名
- 千川:26世帯 26名
- 四小:(報告なし)
- 五小:42世帯 42人
- 井の頭:(報告なし)
- 桜野:113世帯 124人
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/478-1155ef18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック