武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

『保育問題連絡会議』への改組の提案書の全文です。
平成23 年12 月13 日
武蔵野市保育問題協議会 構成団体の皆さま
武蔵野市保育園父母会連合会
役員会



『保育問題連絡会議』への改組の提案書
 平素は武蔵野市の子ども達の健やかな成長を守るためにご尽力いただき、心より御礼申し上げます。
 さて、早速ですが、武蔵野市保育園父母会連合会(以下、市保連という)の役員会としては、現在の武蔵野市保育問題協議会(以下、保問協という)の在り方に大きな疑問を感じています。協議の場として成り立たない現在の運営形態は、団体として、組織として、既に修復し難い状態にあるのではないでしょうか。
 そこで、保問協を、協議会ではなく、『保育問題連絡会議』へ改めることを下記の通り提案致します。この提案が受け入れられない場合、市保連役員会としては、現在の保問協の在り方に疑問を抱き、同調出来ないことに変わりは無い為、誠に残念なことではありますが、保問協脱退の方向にて市保連定例会で提案する用意であることをご承知おき下さい。
 本件の取り扱いに関する、皆様からのお返事は、次回の1月定例会までお待ちします。

1.『保育問題連絡会議』のイメージ
連絡会議の設置主旨は、「保育に関する問題や、保育を取り巻く動向についての情報交換」です。
開催は3,4ヶ月に一度。その司会進行は、構成団体持ち回りとし、連絡会議内容の報告は、出席者から各所属団体へ行います。
従って、その運営にあたり、会長・役員を置かず、署名活動などの運動は行いません。
運動や要望については、各団体の意思によって行うこととなります。
他団体の協力を必要とする場合は、責任を持って趣旨・方法等を説明したうえで、依頼先の団体の意思によって協力するか否かを決定することとなります。

2.改組提案理由

(1)
父母としては、保育士・先生方とは良好な協力関係を保ち続けることが何より望むことです。
しかしながら、今の保問協は職場の先生方の声を聴く場では無く、その活動も、父母の思いとは若干違ってきているような感を受けます。
⇒認識の一致がないまま「運動」へと入り込んでいる現在の状況は、各団体間に不信感を生むものであり、連絡会議の設置主旨を「保育に関する問題や、保育を取り巻く動向についての情報交換」とすることで、お互いの抱える問題の共有ができ、現在の弊害を解消できるものと思われます。

(2)
協議会でありながら、諸問題について構成団体と協議し、納得させる努力が十二分でないように感じます。
⇒連絡会議において、自団体の抱える問題を他団体に伝えるためには「誰にでも分かる言葉に噛み砕く、分かり易い数字で説明する」といった作業が必要ですが、この作業が不足していると思われます。この作業を各団体が的確に行うことによって、自身の理解度が深くなることが期待できます。

(3)
期待したような効果が得られていない「運動」中心の運営を一旦見つめ直すべきと思います。
⇒「何を得たいのか」「そのためにどのような運動をしていくのか」ということの確認がされないまま運動に突入することでマンネリ化しており、この「マンネリ」を解消するには、一旦「運動」から離れ、先ずはお互いの問題点の共有から始めることが必要と考えます。

(4)
各組合からの情報は、「運動ありき」で偏っており、各方面からの情報とズレがあり、それに対する説明も事実やデータに基づかないため、説得力に欠けています。
⇒(2)にあるように、自身の理解度が深くなる作業を経て他団体に説明することで、他団体にとっても有益な情報となり、ひいては問題の共有が期待できると思われます。

(5)
署名活動を否定しませんが、その運動を推進することで周囲に協力を求める以上、その言動には『他人を巻き込む責任』があり、その「責任」を意識するならば、スキ無く説明が成り立つ程度の「知識」と、他人や他団体を納得させるに足る「説得力」、その為の「勉強」が必要とされるはずです。
因って、各父母会への「責任」を考えると、今の保問協が運動することに同調出来ません。
⇒「運動ありき」という現状から離れ、先ずは自身の理解度を深くする作業が必要です。学習会や保育情報誌による「情勢報告」は、キッカケとしては良いですが、その受け売りで他者に説明することは単なる「又聞き」にしかならず、正確な情報共有とはなりません。「情勢報告」によって得た「気づき」を自ら膨らませ、勉強することで「何を得たいのか」、「そのためにどのような運動をしていくのか」が明確になるはずです。このことは自らの運動にとっても有益なことになります。
以上
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/445-3f01972c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック