武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

今年はキャンプ報告を書面とブログで行いました。桜野子どもクラブ のキャンプ報告です。


■日程 平成22年7月18日(日)~19日(月・祝)

■場所 『氷川キャンプ場』 (東京都西多摩郡奥多摩町氷川702 TEL:0428-83-2134)

■交通手段:JR青梅線『奥多摩駅』から徒歩3分(荷物運搬車 3台)

■参加人数 宿泊:
大人 44名(父親 19名:母親 25名)
こども 51名(在会児 37名:卒所児 9名:幼児 5名)  合計95名
日帰: 大人  1名 こども  2名(在会児: 1名 幼児: 1名)  合計 3名

■参加費用:
大人: 6,000円
在会児:3,500円
OB/OG:4,000円
乳幼児:1500円
日帰り:2,000円

■主な行事 :
1日目:川あそび・カキ氷大会・探検ラリー・キャンプファイヤー・花火・大人交流会
2日目:マス掴み・川遊び

■食事
1日目:(昼)お弁当 (おやつ)とうもろこし・パイナップル (夜)カレーライス・サラダ・漬物 2日目:(朝)サンドウィッチ・手作りおにぎり 
2日目:(昼)手作りおにぎり・マス塩焼き・鶏肉煮込み

■OBの参加の有無 有り

■参加者の感想・反響

■主催側の感想
・昼食:持参弁当をグループごとにまとまって川原で食べる予定であったが、川原が狭かったこともあり自由とした。
・川遊び:キャンプ場そばの多摩川の水量が予想より多く、急遽場所を変更して遊んだ。天気は良く、気温が高く、日陰がなかったので、見ている大人など休む場所の検討が必要である。
・カキ氷大会:各グループに1台 準備(各家庭より持ち寄り)して、グループごとに作った。
・探検ラリー:各グループごとに遊歩道を歩いた。去年より長いコースにしたが、係の大人の方が疲れた様子だった。例年実施の途中で大人が驚かす肝試し的要素はコースの狭さ、去年と同様に安全性から見送られた。
・夕食:カレーライス+サラダの夕食は好評でした。夕食もグループごとにまとまって食べた。
・キャンプファイヤー:火を囲んで、大人も子供も一緒に踊ったり歌ったりして去年より盛り上がった。点火係を各グループのリーダーにして、リーダーとしての見せ場を作った。昨年同様に川原で実施した。川に転落の危険を避けるため、川側には大人を配置した。
・花火: グループ毎に花火を配り実施した。特に危ないことはなく、子供たちにも好評だった。
・就寝:各ロッジに敷布団・シーツ・毛布が人数分準備されており、持参寝具が無く、荷物が軽減できた。ただシーツは洗濯されているが、敷布団・毛布は使いまわしのため、配慮が必要な児童もいた。
・夜間:暑さ・疲れの為か、不調を訴える子どもが数名でる。全ての保護者が懇親会に出るのではなく、来年以降ある程度の見回りの検討が必要。(救急かばんの内容の確認も必要。)
・起床:起床時間 6:30だが 5:30からキャンプ場内を走り回る児童がおり、見回りも検討が必要である。
・体操:愛宕山中腹の広場にて実施。早朝の運動と体操。体調を崩すことなく児童は全員参加。
・朝食:サンドウィッチと手作りおにぎり。夕食が完食の為、急遽 お米を20合炊き、おにぎりを追加。サンドウィッチは女子児童には好評。男子児童、OB・OGはおにぎりをよく食べていた。
・マス掴み:川原に石で枠を作り、逃げないようにブルーシートを入れて、いけすを作った。終了した児童は川遊びを始めたが、父母はマス掴みに注目しており、その監視体制は検討が必要である。
・昼食:午前中に掴んだマスと手作りおにぎりの昼食。食育の学習要素を含めるかは検討が必要である。
夕食・朝食をとっていた場所にデイキャンプの他グループが入ったが、半分場所をキープし同じ場所で食べた。
・出発:キャンプ場を出る際、利用させていただいたお礼を窓口でグループごとに伝える儀式を追加した。
・解散式:武蔵境駅到着後、各班付きの父親へのお礼、食事を作ってくれた母親へのお礼の機会を設定した。サプライズであまった予算からアイスを購入して配布。暑い中、参加者には好評だった。また、余ったおにぎりを希望者に配布したところ大好評だった。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/380-b25d95e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック