武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

【6/27(日) @東京学芸大学】

三多摩16市にある各学童クラブから父母とOB、指導員など総勢609人が小金井市の東京学芸大学のキャンパスに集結。子どもとの関わり方、父母会、法整備と現状など、学童保育についてのあれこれを学んだり、話し合いが持たれました。武蔵野市からは、父母とOB 、指導員など 総勢47名が参加。働く誇りと安心の子育てを守るためのヒントが満載の分科会出席者からは、熱い思いの感想が寄せられました。参加やお声がけをいただいた皆様、ありがとうございました。


開催レポート
プログラム詳細
参加者の感想


三多摩学芸大学
時折小雨がパラパラ。新緑におい立つ学芸大学のキャンパスにて

三多摩会場
休日のキャンパス S棟会場は熱気に包まれて

三多摩基調講演
全体講演「今、しっかり見つめよう!“子どもの権利”!!」
講師 福田雅章さん(DCI日本支部代表 DCI:Defence for Children International)

三多摩プレイパーク
プレーパークは残念ながら満員でしたが、参加した子ども達は
草笛を吹きながら満足そうな顔で帰ってきていました



フォーラムに初めて参加してみて、ふと思い出した本より抜粋の詩です。

お母さんへの詩「Dearest」 内田華代

いつもはボールのように丸いけど
ときどきはバラのトゲのよう
いつもそばにいてくれた
悲しいときには暖かく抱きしめてくれた
傷ついたときにはおぶってくれた
嬉しいときには一緒にはしゃいでくれた
悪いことをしたときは頬に赤い痛みを与えてくれた
たくさんの愛情
だけど、何度も何度も反抗した
私は言う
自分のことくらいできる
何だってできる
真っ暗な夜の中
やさしい月のように見つめてくれている
いつもそばにいて
もし鳥のように羽があったら、
今お母さんのもとに飛んでいきたい

内田美智子/佐藤剛史 『ここ 食卓から始まる生教育』 西日本新聞社、2007年、136頁。

以上(M)
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/351-666694ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック