武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

第22回「三多摩学童保育フォーラム」
・日時:6月27日(日) 12:00~17:00 (11:00受付開始)
・場所:東京学芸大学 (小金井市)
・参加費 1,500円(武蔵野市の学童クラブ保護者は無料)
・保育:4歳以上、おやつ代&保険料 200円程度
・申し込み:武蔵野市の学童クラブ父母会の学童協担当さんにご連絡ください(6/16まで)
・主催/小金井市学童保育連絡協議会・三多摩学童保育連絡協議会
・後援/小金井市

[本イベントは終了しました。多数のご来場をいただき、ありがとうございました。]

昨年は500名が集まり、毎年参加者が増え続けている三多摩フォーラム。今年は、武蔵野市のすぐお隣、小金井市 学芸大学で開催です。

ポスター表 ポスター裏


三多摩フォーラムって何?
三多摩各市の学童クラブ保護者や指導員が、楽しみながら学童と子育てについて気軽に学んでみようというイベントです。ためになる基調講演と、テーマに分かれた13の分科会で半日を過ごせます。【昨年の開催レポート】



タイプ別、こんな方ににお薦め(個人的な独断ですが・・・)
●子育てからちょっと解放されてみたい疲れたお母さん
 【保育付き】お子さんを預けて、ためになる基調講演を聴いてみたり、分科会で語らったりしませんか?
●学童保育って、まだよくわからないと思っている方
 【分科会 2、3】ベテラン指導員が学童の暖かさ、預けられる子どもの気持ち・親の気持ちなどを語ります
●父母会の運営に頭を悩ませる会長さん、副会長さん
 【分科会 9】父母会運営の秘訣、極意がわかります。これを知らずに1年間悩むのはもったいない!
●父親の子育て参加に悩むお母さん
 【分科会 11】父親参加率が高い小金井市の父母会活動の秘密が明かされます。
●障がい児の子育てに悩む保護者
 【分科会4、10】少数派だと遠慮する必要はありません。ベテランの指導員や同じ立場の方々と話し合いましょう。
●学童保育をより良くしようと思う指導員、行政関係者
 【分科会2、6、8】数々の制約の中でも学童保育をより良くしようと活動されている方々の思いを聴いてみましょう
●子供連れで楽しく過ごしたい方
 【分科会 12、13】工作や集団遊びなど、親子で楽しめる分科会もあります



昨年参加された方々の感想
●もっとかたくるしい会を想定していたのですが、こんなに身近な話題を、笑いをまじえて聞くことができて、とてもためになりましたし楽しかったです。
●正直、役員なので仕方なく…感で参加しましたが、大変ためになる内容で参加させて頂いてよかったと思いました。「ためになる、面白い」ということで、もっと参加をうながす情報を流してもよいのでは?「フォーラム」とつくと固いイメージで敬遠したくなるような・・・。
●学童に通っている、いないに関わらず、お父さんお母さんには是非聞いて欲しいと思いました。
●実例を混えての話、とても涙もし楽しく伺いました。
●今回の様なフォーラムの運営は、とても良い事だと思います。参加する前は何かと不安ではありましたが、参加してみると今後同じ学童の方で係りになった人に「絶対参加した方が良いよ!」と伝えてあげられると思います。こういう機会を作っていただきありがとうございました。
武蔵野市からの参加者感想



武蔵野市学童協の皆さんへ
★当日会場に直接お越しいただき、武蔵野市の受付にお寄り下さい。
(事前登録が無くても大丈夫です)
なお、プレーパークや工作(分化会12)は満員です。

武蔵野市学童クラブの保護者は、学童協の参加費補助で無料となります。
保育(4歳以上)の準備、部屋の割り当てなどのために、事前申し込みにご協力下さい。
参加希望者は学童協ニュース裏面右下にある申込用紙に記入もしくはメール等で、各クラブの学童協担当さんに提出してください。
学童協担当さんはこちらのExcelシート(参加者リスト)に、各クラブで参加者をとりまとめ、6月16日までに
musashino.uketsuke@gmail.com まで送付して下さい。(三小の担当の方に転送されます)
参加者リスト:
参加者全員の情報を記載してください。
・連絡先を記入するのは申込責任者のみとなっています。
・保育申込用紙:上記のうち、保育を申込む人は別途こちらに詳細を記載してください。
保育要綱、プレーパーク要綱:保育を希望するかたは必ずご覧ください。
(この記事の一番最後に記載)
なお、プレーパークの申込は多数の場合、先着順となります。メールの到着順とさせていただきますので、ある程度集約できたら申込をお願いします。
送付先が従来の学童協メールアドレスと異なるのでご注意下さい




アクセス
東京学芸大学 (小金井市)
JR武蔵小金井駅北口より
○京王バス[5番バス停]【小平団地行】約10分→学芸大正門前下車→徒歩5分
○徒歩20分

大きな地図で見る
 〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1



プログラム
○全体会 12:00~ 東京学芸大学S棟410 &(中継映像 404 & 405)
○開催地のあいさつ 小金井市学童保育連絡協議会
○基調報告 三多摩学童保育連絡協議会

全体講演 12:30~
「今、しっかり見つめよう!“子どもの権利”!!」
講師 福田雅章さん(DCI日本支部代表 DCI:Defence for Children International)
 ユニセフ発表のOECD加盟先進諸国の子どもたちの幸福度の調査(イノケンティ研究所, 2007.2)によると、15才の子どもたちの中で「孤独と感じる」と答えた割合は、第2位のアイスランドの10.2%を大きくはなし、日本が29.8%と突出しているのをご存じですか? 1989年に制定された子どもの権利条約では、子どもの「生きる」「育つ」「守られる」「参加する」という4つの権利を守ることが定められ、日本も1994年に批准しています。学校、コミュニティー、家庭で、今しっかり「子どもの権利」を見つめ、豊かな子どもの未来を作りましょう!

○分科会 14:20~ S棟各階教室
1 学童保育のイ・ロ・ハ ~「どうして?」から「なるほど!」へ
講師 古谷健太さん(全国連協副会長) 【新人連協役員さんにお薦め】
学童保育に初めて関わることになった保護者や指導員の方々には、「どうして?」と不思議に思うことも多いようです。学童保育はどういうところなのか?これまでどう扱われてきたのか? これからどうしていけば良いのか? 分かりやすく解説します。

2 親と指導員の“学んでシャベリバ”  ~親から指導員さんへ、指導員さんから親へ
講師 菊池繁行さん(練馬区指導員) 【指導員さんにお薦め】
住んでる市によって、学童保育の運営(市の直営、業務委託による民営…etc)も違います。でも、子どもたちをいつも暖かく見てくれるのは指導員さんたち!そんな指導員さんの学びを体験してみませんか? 「シャベリバ」タイムでは、日ごろ、疑問に思っている事のヒントが得られるかも知れませんよ…。

3 なぜそんなに楽しい? 学童での生活 ~子どもの姿を語ろう!! 学童保育
アドバイザー 高橋ヨシヱさん(西東京市指導員)【学童保育がわからない。。という方に】
忙しい保護者にとって謎に包まれた学童保育での子どもたちの生活…なぜそんなに楽しいのでしょうか?指導員さんを交えて、気になっていること・相談したいこと・夏休みの様子など、聞いてみたいことやアドバイスして欲しいことを持ち寄り語りあってみませんか?

4 発達障害はオリジナル発達 ~発達が気になる子のサポート入門
講師 阿部利彦さん(星槎大学非常勤講師)
「うちの子、ほかの子とちょっと違う……」「もしかして、て、LD? ADHD? 高機能自閉症?」―発達障害のある子どもの持ち味をどうやって見つけていくか。本来持っている力を引き出すための工夫と、子どもの発達を正しく理解して個性を伸ばすサポートのために。

5 学童保育の民間委託と指定管理者制度 ~安心して生活できる学童保育のために
講師 木田保男さん(全国連協事務局長) 【制度を学びたい方に】
多摩地域では、学童保育の民間委託が進んでいます。この中には、本来学童保育とはなじまない「指定管理者制度」も含まれ、これを導入してしまったり、導入を計画している自治体もあります。昨年度末に突然創設された「都型学童クラブ」は、民間委託の動きに拍車をかける補助制度です。こうした動きの中で、子どもたちが安心して生活できる学童保育のために何が大切なのかを学び、交流します。

6 学童保育の制度と運動の課題 ~全児童対策事業を中心に
講師 下浦忠治さん(元品川区指導員)
長年、私達は学童保育の制度確立を求めてきました。その運動を背景に、学童保育はようやく法制化され、前・現政権下でも、政府が打ち出す政策に掲げられるようになりました。しかし一方、学童保育を全ての子どもを対象とする事業に一体化・解消しようとする動きも根強くあります。私達が望む学童保育の制度とそれを実現するための運動の課題を学びます。

7 大規模学童の新設・分割 ~連絡協議会の役割を中心に
講師 志村伸之さん(全国連協事務局)
「大規模化と待機児の増加」「民間委託」など、学童保育における多くの問題を抱える中、「新設・分割」が進まない自治体行政。あらためて学童保育の大規模化の現状と子どもたちの生活の実態を交流し、連絡協議会の役割とその大切さを学びます。

8 もっと知ろう!地方自治体のなかの学童保育 ~わたしたちがのぞむ地方自治とは?
講師 池上洋通さん(前・多摩住民自治研究所理事長) 【行政の方にお薦め】
劇的な政権交代から半年、混迷を呈する国政、「地域主権」「国としてのナショナルミニマム」「新しい公共」の中で、大きく揺れ動いている地方自治。「子ども手当て」「正規・非正規雇用」など、地方自治体の保育行政の現状と課題を見据えながら、主権者であるわたしたちがのぞむ社会、自治体をどう創り上げるのか。

9 父母会を楽しむために ~父母会活動は親たちの学びのオアシス
アドバイザー 林 正弘さん(三多摩連協会長) 【父母会運営の極意】
日頃からただでさえ忙しいのに父母会活動なんて。とお思いの方も大勢いらっしゃることと思いますが、ここでは皆さんと共に、どうしたら楽しく父母会活動に係る事が出来るか意見を出し合い、これからの活動の活性化を図りたいと思います。

10 しょうがい児とともに ~ともにつくる学童保育の生活
講師 高橋 誠さん(文京区指導員)
しょうがいを持っている子とそうでない子とが、学童保育の中で共に生活し、成長していくためには、指導員の働きかけとかかわりがとても大切です。しょうがいと発達・生活・権利を理解し、充実した学童保育をつくるための実践を学び、交流します。

11 学童にはまったオヤヂたち ~父親の学童へのかかわり方
小金井市学保連(小金井市学童保育連絡協議会) 【母はPTA、父は学童!?】
小金井市の父母会は父親がかかわる事が多いとよく驚かれます。何故、父親が参加できるのか? どうしたら参加出来るのか?をその経緯と背景について、秘話を含めて皆さんとディスカッションしながら、交流したいと思います。悩めるお母さん役員の方は必見です。

12 「おーい、みんな、よっといで!」―手づくり工作
講師 大上尚之さん(デザイナー・品川あそびの会) 【工作楽しかった!】
塾通い、テレビゲームなどの多い毎日。子どもたちには、ふれあい遊びや手づくり遊びを通して豊かに育ってほしいのが、指導員の本音。「何をやって遊ぼう?」から「おーいみんな、よっといで!」へ
●持ち物はこちらをご参照ください

13 「わーい、みんな、あそぼうよ!」―集団遊び
講師 安藤耕司さん(たのしーのひ代表・練馬区児童館職員) 【もっと遊びたかった!】
集団で遊んでいる時の子どもたちの真剣さには、独り遊びとは違った目の輝きがあります。学童保育の中で楽しめる集団遊びを、実際に遊びながら学びます。「何をやって遊ぼう?」から「わーいみんな、あそぼうよ!」へ ●運動できる服装でぜひご参加下さい


併催
三多摩学童保育連絡協議会2010年度総会 9:30~[S棟203教室] 

注意事項
●事前申込みのお願い
当日受付もありますが、事前申し込みにより分科会会場の広さを割り当てますので、満員になった場合、当日では参加できないことがあります。事前申し込みにご協力下さい。

●保育は事前のお申し込みを!!
○保育室(4歳以上対象)を用意しています。おやつ代&保険料として200円(お子様一人)を当日ご持参ください。申し込み用紙にお子様の年齢と、障がいのある場合はその旨を[備考]にご記入ください。
○保育のお申し込みは、締切日必着厳守でお願いいたします。

●お願い
○会場には駐車場がありません。電車・バスなど公共交通機関をご利用ください。どうしても自動車で来なければならない方は、事前にご連絡をお願いします。
○お借りしている施設です、きれいに使いましょう。ゴミはお持ち帰りください。

●お問い合せ
三多摩学童保育連絡協議会事務局まで!
TEL&FAX: 042-469-0711
E-メール: info@santama-gakuho.org



三多摩フォーラム 保育要綱
基本要綱
�対象年齢 4才~小学校6年生
�費用 200円(保険代、おやつ代)
�受付時間 10:30~
�保育時間 11:00~17:00
�申込期限 6月20日(日)厳守 設備の関係上、事前申込のない方のご利用は基本的に出来ません。

保育種別
今回、小金井市連協が企画したプレーパークを行います。一般保育とは別途で申込になりますのでご注意ください。
1一般保育
保育園や学童保育の日常の保育を行う。
・対象年齢 基本要綱通り 4才~小学生
・保育担当者 保育士 ボランティア
・定員 事前申込があれば全員受け入れ
・持ち物 着替え、汗拭きタオル
*幼児クラスと小学生クラスの2クラス編成で保育を行います。
おもちゃはこちらで用意しますので、持参しないでください。

2 プレーパーク
*下記別項プレーパーク参加要綱をごらんください。

注意事項
おやつは15時頃に用意しますが、昼食の用意はありません。また、保育室で昼食を召し上がることは出来ません。事前に昼食を済ませてから、
受付においでください。

4歳未満の乳幼児の保育に関しましては設備の都合上、お受けできません。
家族やお知り合いにお預けいただく等のご対応をお願いいたします。
また、同伴でのフォーラム参加はもちろんできますが、その場合のご対応は、保護者の方に一任させていただきます。
状況によっては一時退席をお願いする場合もありますが、どうぞご了承いただきますようよろしくお願いいたします。


「三多摩フォーラム in 小金井」   プレーパーク 参加要項

今回保育でお預かりするお子さん達に、当日同じ学芸大学構内で行われる「いけとおがわプレーパーク」をぜひ体験していただきたいと思い、簡単にご案内させていただきます。

プレーパークって・・・何?
プレーパーク(冒険遊び場)は「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーに子どもがしたいと思うことをのびのびと実現できる野外の遊び場です。禁止事項にしばられず、とことん遊ぶ。現代っ子だって、実は遊ぶ力=生命力に満ち溢れているのではないでしょうか?

【フォーラム当日開催場所】
・東京学芸大学校内の東のはし、土の小山と池と木々のある一角が遊び場です。
【内容】
・自然体験、集団での追いかけっこ、小さいメンバーでのおしゃべり、大人も子どもも自由に過ごしていい場所です。何をしなさいというものではありません。
【対象】 就学児(小学1年生以上)
【時間】 12時から16時45分(17時にはS棟保育室にいる予定です)
【雨天時】 中止とし、一般保育となります。
【定員は】 先着申込順 40人(事前申込者に限る)

【スタッフ】
・NPO法人こがねい子ども遊パークからプレーパークスタッフ4名とプレーリーダー(子どもが自ら遊びたいなぁと思う気持ちにさせる人)2名と小金井の学保連からもスタッフが5~6名ほど担当します。

【申し込み方法・当日受付】
・保育申込用紙の種別欄に2とご記入ください。(必ずご連絡先をご記入下さい)
当日はプレーパーク受付(10時30分~受付開始)に来て受付して下さい。(一般保育同様)

【注意】
けがの心配は・・・
転んだり、滑ったりの擦り傷打ち身などがたまにあります。また、服や靴などが泥んこになる事もあります。特に遠方からお越しくださる方には着替えがあるとベターです。
また、保育希望の方には全員保険に入っていただきます。(一般保育同様)

○ もう少し知りたい人には
NPO法人「こがねい子ども遊パーク」http://blogs.yahoo.co.jp/waratotuchi/
代表:邦永洋子(042-385-8754)まで
*「いけとおがわプレーパーク」は通常、毎週水曜日の14時~17時まで(冬季は16:30まで)
東京学芸大学構内にて開催しています。


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/335-370fdcbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック