武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

この「子供と行きたい」コーナーでは子供と一緒に行くと楽しいスポットをご紹介していきまーす。

前回は生田緑地公園のプラネタリウムと民家園を紹介しました。せっかく生田まで来たので、ちょっと寄り道してみましょう。今回は、ちょっと渋めのスポットもご紹介しますね。

■左官を体験
■驚きの公設リゾート
■フライフィッシングに挑戦


左官を体験
童心に帰って泥遊び
寄り道その1は、壁塗り、泥遊び!DIY好きなご家族にお勧めのスポットです。

「左官」ってご存じですか?役人みたな名前ですが、コンクリートや土をこねて綺麗に塗る仕事です。最近、有害物質を吸収して湿気も調性してくれる土壁の良さが見直されています。でも、左官屋さんにお願いすると、工賃だけで一部屋7万円以上かかってしまいます。これをDIY(自分でやる)と、お安くできる。そしてもう一つ、大人も童心に帰って泥遊びができるという訳です。生田から車でちょっと、東名川崎インターの近く『MoCoStyle』では、この壁塗りを体験できるのです。土を水でこねて、コテに盛り付けて、壁に押し付けるという単純な作業なのですが、これが実に奥深い。

左官にはいろいろな技があって、塗りゴテ1つで見事な浮き彫り風アートを作ってしまったり、笹の葉の模様を作ったり、結構クリエイティブなんです。素人でも、木の葉を当てて模様をつけたり、ブラシや櫛で模様をつけたり、貝殻を埋め込んだりと、いろいろな事ができます。
kabe_kai.jpg
ブラシで模様をつけて貝殻を埋め込むと、砂浜みたいな壁になります

お子さんも一緒に壁を塗ることもできます。また、ことも用にフレームに珪藻土を塗って、貝殻やビーズを散らすアート体験も可能です。

さて、体験してみて「やってみよう」となったら、ショールームで材料を買えば壁塗り道具の貸出もしてくれます。我が家でも、親戚や保育園仲間にもお願いして、5部屋を塗りました。
kabe_hand.jpg
記念に子供たちの手形を、クローゼットの壁にぺたぺたとつけてもらいました。

子供たちは大はしゃぎで、壁を塗っているのか泥遊びしているのか、、、まぁすごい事になりました。塗っている大人も泥だらけですから、気にしない気にしない。それなりに大変だったりしますが、皆で泥だらけになって壁を塗った思い出というのも楽しいものです。

あ、『MoCoStyle』の壁塗り体験は汚れても良い格好で行く必要はありますが、泥まみれにはなりませんので、ご安心くださいね。

株式会社 サメジマコーポレーション ショップ&ショールーム『MoCoStyle』
壁塗り体験 3000円/1グループ(予約制)
川崎市宮前区土橋 2-12-10 TEL 044-852-1234
営業時間 9:00 ~ 19:00
定休日 年中無休(年末年始を除く)
駐車場 あり(10台)

参考・・というよりこんな世界もあるという事で
プロフェッショナル 仕事の流儀 挾土秀平
月刊「さかん-左官-」のスタッフブログ
左官的塾



驚きの公設リゾート ヨネッティー王禅寺
壁塗りでちょっと汗かいたかな、と思ったら、そのままこちらへ直結!という事で、驚きの公設リゾート ヨネッティー王禅寺 のご紹介。

何がすごいって、室内のお流れるプールなんですが、でかい。しかも、綺麗。ヤシの木なんかもあって、リゾートそのもの。大きな滑り台もあるし、スパもあります。
yonetty.jpg
ヤシの下には白いサマーベッドが並んでいて、読書をする人も

しかもエコ。このヨネッティーはごみ焼却場の余熱を利用した施設です。ごみ焼却の余熱利用だからヨネッティー。わかりやすいですね。大人一時間300円、子供100円なので、お財布にも優しいんです。

MAPPLE観光ガイド



フライフィッシングに挑戦!!?
なんと、王禅寺にはフライフィッシングができる管理釣り場もあるんです。フライフィッシングとは、マスや山女などを虫に似せて作った「毛ばり」で捕まえる釣りです。綺麗な水に住む魚が対象なので、釣り場は山奥にあるのが普通なんですが、気軽に行ける所にあるんですね、これが。ヨネッティー王禅寺から徒歩5分ほどです。

今、若い人には手軽に行えるルアーの「ブラックバス釣り」が盛んですが、フライフィッシングは高度な技が必要で精神力も求められるため、エグゼクティブに人気です。そんな渋い世界を体験してみるのも面白いのではないでしょうか?・・・・・って子供には難しすぎますよね。大丈夫、ここでは餌釣り、ルアー釣りもできます。
fishon.jpg
釣ったニジマスは塩焼きにしました

MAPPLE観光ガイド



このコーナーでは皆さんからの「子供と行きたい、子供が喜ぶスポット」を募集します。「ここが良かった」といった感想も歓迎です。musashino.gakudo@gmail.com まで学童クラブ名とお名前を添えて、情報をお送り下さい。

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/32-e38dacf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック