武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

第三次子どもプラン武蔵野、のその後について、お知らせします。
1/22 推進地域協議会開催
子どもプラン最終案に対して検討が行われました。提出された最終案では、重点施策8は全面書き換えになり、あそべえと学童クラブの「運営の一体化」が「運営主体の一体化」に書き換えられていました。

学童クラブに関しては、以下のやりとりがありました。

重点的取組6・7・8
【委 員】あそべえと学童クラブはそれぞれの目的・趣旨をもった別々の事業であることが分かるように修正されているが、それぞれの課題についての解決策については特に触れられず、連携に結びついている。これでは、連携すればそれぞれが抱える課題が解決するように捉えられる可能性もある。 また、学童クラブの土曜開所については、何も触れられていないので、是非とも触れて欲しい。

【事務局】あくまでも事業の一体化ではなく、運営主体の一体化であることが分かるように修正した。また課題については、それぞれが抱えるものについては個々に検討してくものである。

【事務局】学童クラブの土曜開所については、推進本部で決まれば記載したい

【委 員】土曜開所について検討する予定があるのであれば、その旨を明記して欲しい。この件に限らず、検討の可能性だけでもあるものについては、すべて子どもプランに盛り込んでおくべきではないか。結果として実施されたものだけを後から成果としてリストアップするのではPDCAサイクルを回すのには不十分であろう。また逆に、あそべえと学童クラブとの事業の一体化は行わない方針なのであれば、その旨も明記して欲しい。

【事務局】土曜開所の検討については、34頁に示している「小学生の放課後施策推進協議会(仮称)」での検討事項の中に「土曜日の過ごし方」を含めており、その中で検討していきたい。 またあそべえと学童クラブとの運営主体の一体化であるが、上位計画である長期計画・調整計画においては、両者の統合について研究する旨が書かれているので、子どもプランの中で、一体化はしない、と明記することはできない。

【委 員】以前も発言したが、「土曜日の過ごし方」という話ではない。実際に監護に欠けている状況となっており、学童クラブの土曜開所については、市長のマニフェストにも示されている事項なので是非、実現して欲しい。特にシングルマザーは、土曜日や日曜日に出勤できないと雇用してもらえない、といった厳しい状況にあるので、土曜開所は重要な課題である。 また、あそべえの課題として「異年齢交流は難しい」と指摘している一方で、児童館においてはその点は「一定の成果があった」となっている。この点については、一見すると書かれている内容が逆なので、児童館においては一定の成果があったことについて検証が必要である。将来的にあそべえに児童館機能をもたせたり、学童クラブやあそべえが子育て支援の相談機能をもつことで、双方が設置されている公立小学校が地域の中で親近感がわく身近な存在になるのではないか。「登録制子育てステーション」も踏まえて、総合的な視点で考えてほしい。
会議要録はこちらから

推進協議会はこれで解散し、次回は新メンバーでの協議会が結成されるそうです。

2/11 北町タウンミーティング
学童協役員より、学童クラブの土曜開所について市長に要望したところ、
「現在策定中の子どもプラン武蔵野で計画されている小学生の放課後施策推進協議会で検討する」と回答
タウンミーティング報告はこちら(2/11分もいずれ閲覧できるでしょう。半年後位かな?)

2/23-26 市議会 平成22年度予算審議
予算案に対し、市議から子どもプラン関係でも質問が出ました。
詳細はこちらに

3/3 中間報告へのパブリックコメントおよび取扱方針公開
1月の推進協議会で配付された資料よりも、さらに集約されていますが、市民からの意見は網羅されていると思え、回答も記載されています。いままでのペースに比べれば、情報開示が早くなってきています。
公開情報はこちら

3/5 市議会 文教委員会
確定した「第三次子どもプラン武蔵野」の行政報告
推進協議会の開催時期について議員から質問が出て、市長より「一学期の早い時期に開催したい」と答弁が出ました。
会議録はここから閲覧できるようになる・・・と思います。5月頃かな?

プランは確定したので、内容は市民に配布され、4月から施行されます。今後は市報などにご注目下さい。今回、子どもプランについては、学童父母の皆さまから多数の意見があった事は受け止められ、施策の文言も書きかえられました。今後、小学生の放課後施策推進協議会(仮称)での検討によって、土曜開所やあそべえとの連携などの具体的な内容が固まると思われます。ここについても「黙ってお任せ」ではなく、必要なこと、実現したいことについては声をあげ続ける事が重要です。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/313-138fff57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック