武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

各学童クラブ間の情報交換、問題の共有 【7/10(金) 西久保コミセン】

月に1回の定例会では、各学童クラブから約40名が集まり、情報交換を行っています。今回は、各クラブの活動、連絡体制や会議方法の改善、今後の企画などについてご紹介しました。
teirei2JPG.jpg


活動報告
 各クラブの活動
 三多摩フォーラム、キャンプ交流会、ほいく誌
指導員の参加紹介
関連団体の紹介(保問協、こどもまつり)
連絡体制、ブログの開設、会議方法の変更
今後の学童協企画・連絡
 キャンプの情報交換
 学童クラブ指導員との交流会
 夏休み期間中の学校耐震工事
 市役所への要望書
 全国学童保育研究集会開催

質疑応答

活動報告
・各クラブの活動
7月は各クラブで保護者会が開催され、夏休みの過ごし方などについて指導員から説明が行われました。父母会では、7月から8月はキャンプシーズン。奥多摩や秋川などで一斉にキャンプが行われます。
また、夏休み中に行われる耐震工事などの学校工事に伴い、クラブの移転や校庭使用の制約などの情報も報告されました。




三多摩フォーラム
父母とOB,指導員など史上最多の総勢543人が参加し、武蔵野市からは、父母とOB 、指導員4人を含む 総勢41名が参加しました。参加者からの感想文を募集し、8月の学童協ニュースにてお伝えします。
総会では、2009年度国家予算において、安心こども基金をはじめとする学童クラブに関連する予算が過去最大となったこと、三多摩の他地域では学童クラブの児童が増え分割や増設が必要となっていることなどが報告されました。
・開催レポート
・プログラム詳細
・参加者の感想

キャンプ交流会
鈴木先生をお迎えしてのキャンプ交流会は8学童さん、約40名の参加を頂き盛大に開催されました。
写真入りレポートはここをクリック。

ほいく誌
各クラブで年間購読の勧誘が進み、ほぼ前年並みの購読数にまで近づいてきました。お声がけいただいた皆様、ありがとうございます。


連絡体制、ブログの開設、会議方法の変更
「メールが多すぎる」というご意見もあり、風通しをよくすることを狙った改善の提案が可決されました。

・学童協への問い合わせ連絡先を作成しました
 musashino.gakudo@gmail.com (FAX番号は口頭にて)
・学童協からの連絡を「ニュースメール」に整理して全体MLに配信します
 (各担当からの個別連絡も、従来どおり可能です)
・活動報告をあらかじめ提出いただき、定例会にて配布するようにします
・携帯電話で閲覧できて意見交換がしやすいブログを作りました

↓当日プレゼンテーション(パソコンで見られます)


今後の学童協企画・連絡
各クラブからのキャンプの発表
例年、学童協では各クラブのキャンプ実施状況を発表いただき、情報共有と来年への参考にしていただく会を開いています。今年は参加者の生の声(感想)や写真などを交えた発表会を考えていますので、キャンプ開催の際にお気にとめておいていただければ幸いです。

学童クラブ指導員との交流会
子どもたちの様子や日頃聞きたい質問など、また他クラブの情報交換などを交えながら指導員と父母との交流できる場を持つ会を次回の定例会で開催予定です。

夏休み期間中の学校耐震工事
昨年は児童がクラブ開所待ちをしている所に工事車両が走り回り、粉塵もひどかったという事例もありました。各父母会でも子供達の登下所、外遊び、プールやあそべえへの行き来、退所などのシミュレーションをして安全や健康に影響が無いかを検証をお願いします。

市役所への要望書
定例会直後の7月13日に新任役員による市長挨拶を行います。また、例年9月初め前後に行っていた「市役所への要望書」は、現在時期や内容も含め、役員内で意見を調整中です。

指導員の参加紹介
定例会に、指導員さんが2名づつ交代で参加される事となりました。今回は、二小・関前南こどもクラブから松田先生、山田先生がいらして、他クラブや父母との情報交換の場としてありがたいという感想をいただきました。

武蔵野市保育問題協議会(保問協)より
定例会に、保問協から代表の方が参加される事となりました。今回は、担当の西久保保育園、林先生より保問協の概要、児童福祉法改正(保育園の制度改革含む)とそれに伴う署名活動への協力要請などのお話がありました。

むさしの子どもまつりより
各クラブへの参加のお願いのチラシを配布。参加意思がある場合は、実行委員長(平野氏)か、亀井副会長まで、メール等で連絡してください。

全国学童保育研究集会開催
10月24-25日に滋賀で開催されます。今年も三多摩協でバスツアーを企画準備中です。詳細は役員までお問い合わせください。


質疑応答
Q)クラブでベーゴマなどを盛んにやっているが、これを発表するような場を作らないか?
A)けんだまは、こどもまつりで披露の場がありますが、ベーゴマはたしかに無いですね。おおげさでなくても、父母会で「ちょっと集まってやりましょう」とうい形で開催を考えてみたらいかがでしょうか?

Q)ベジタリアンの子どもがおり、皆と同じ内容のおやつが食べられない、食べないのでおやつ代の支払いは不要か?と尋ねられた。この様な場合、他のクラブの対応は?
A)ベジタリアンの例はないが、アレルギー等がある場合は対応可という旨、入所説明会で説明。アレルギー対応おやつ代として支払っていただく。返金する場合は、クラブに来ない場合のみという対応
をしている。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/31-fbd7c211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック