武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【2010年2月26日 市議会 本会議】
gikai100.gif
平成22年第1回定例会 本会議代表質問にて、学童クラブについての答弁がありました。
市長答弁の内容
(以下は聞きとりによる記載ですので、公式記録ではありません。公式記録は、市議会会議録の公開をお待ち下さい。)

学童クラブに関しましては、この間さまざまな議論をいただき、学校への移転、そして障害児学童クラブの開設、さまざまな施策充実を図ってきたところでございます。土曜日開所につきましても、子どもプラン策定時に多くの保護者から要望を頂いてきた経過を認識しております。土曜日に関しましては、市の考え方としては、あそべえを利用いただきたいということでお願いしてきた所でございますが、しかし、さきほども申し上げました通り、あそべえと学童クラブというのはそもそも違う事業でございますので、監護に欠ける子ども達を見るという事ではややあそべえでは課題もあるというようなさまざまな声も聞いておりますので、土曜日開所につきましては、来年度何日間か土曜日を開所してみる、実は開所しないと開設日数が足りずに補助金が頂けないという事もあるので、何日間か土曜日を開所して試行してみる、という事の中で、土曜日の在り方について再度検証し、土曜日の開所に向けて具体的な検討を進めて参りたいというふうに思っております。

6年生までの拡大、保育園並みの時間延長につきましては、学童クラブの対象がおおむね10歳未満というようなこともございますので、しかも1年生から6年生まで同じ学童クラブにあるというその運営自体も大変難しい問題もあるのではないかなというふうに思っておりますので、当面は現体制で運営を続けていきたいというふうに思っております。

時間に関しましても、確かに保護者の視点からすると延長という要望があろうかもしれませんが、しかし、子ども達の帰宅という事を考えますと、自身で帰宅をするとなれば現時点での6時が大体のリミットではないかなというふうに思っております。

質問、答弁はインターネット中継でご覧いただけます。
(学童に関する市長答弁は、36:17から 38:29までです)




■市長答弁から・・・
土曜開所については、子どもプランのパブリックコメントやヒアリングで、皆さまから発信した要望が受け止められた模様です。また、あそべえの利用では課題があると明言されたのも、今回が初めてでは無いかと思います。さらに、年に数日開所するという事も議会答弁では初めて明かされました。「具体的な検討を進める」という表現も、「具体的な」が付き進歩しています。開所をしたいという方向は明確になったと思います。しかしながら、具体的な検討で、どうなるか。いつから開所になるのかはわかりません。早く開所して欲しいこちらとしては、「いつ開く」「どう開く」がとても大事です。これからも情報収集に努めます。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/305-ceaa713a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。