武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

今日のテーマは掃除の効率化(手抜き)です。

掃除って、面倒ですよねー。掃除機は重いし、子供が散らかしていると片付けも大変だし。我が家もついつい先延ばしにしていました。

そこで、今回は、掃除を楽にしちゃおうと思います。
我が家の場合、日曜の午前中は洗濯と掃除でつぶれていました。それでも、数日たつと床にはウッスラと綿ぼこりが・・・。特にアレルギーを持つ方だと、掃除は欠かせませんが、毎日となると相当な負担になります。

さて、掃除が大変な原因は主に2つあります。

1つ目は「掃除の前に片付けが必要」
2つ目は「時間をかけて掃除機をかけないとホコリが取れない」

これらを分けて、解決していきましょう。

■掃除の前に片付けが必要
これの解決方法は手っ取り早く床を空けること。
大きな籠を持って、大物を手早く拾い集める。
同時に衣類は肩に載せる。集め終わったら、籠や衣服をソファーやテーブルの上に置く。
次にトレーなどを持って小物を拾い集めれば、一部屋2分かかりません。
はい、これでお掃除ができます。
いろんな物が詰まった籠やトレーは、掃除をしてから仕分けてしまいましょう。

物を片付けながら掃除したり、片付けないで掃除すると、入り組んだ所にゴミも入ってしまい手間も時間もかかってしまいます。片付けたい気持ちをぐっと抑えて拾い集めるだけにすると、掃除もすぐに終わるのです。

我が家では私(父)が「コラッ!床に物を置くな!!」ルールを宣言しているのですが、悲しいかな全く守られません。でも、次に紹介する手で解決しつつあります。



■時間をかけて掃除機をかけないとホコリが取れない

さて、家電製品のおかげで、ずいぶんと家事は楽になりました。
洗濯は洗濯機がボタン一つで洗ってくれますし、炊飯器はボタン一つでご飯を炊いてくれます。

では、掃除機は?ボタンひとつじゃ済みません。重い掃除機を持って部屋から部屋へ移動して、隅から隅まで掃除機がけをする必要があります。つまり、掃除を機械に「任せられない」ので、洗濯機や炊飯器ととちがい、掃除をしている間、ずっと時間をとられてしまうのです。

これを解決するには?そう、ボタン一つで掃除してもらえば良いのです!
最近、掃除ロボットが安くなり、入手しやすくなってきました。
Amazonの掃除ロボ
楽天の掃除ロボ

前から欲しかったけれど、使い物にならなきゃ無駄になるし・・で、かなり躊躇したのですが、ネットでレビューを読み比べて熟考しました。
掃除ロボの中では「ルンバ」というのがメジャーなようで家電量販店でも売っているのですが、性能もすごそうですが値段もすごくて手が出ず、so:-zi(「ソージー」と呼ぶらしい)にしました。「ヤッターマンのビックリドッキリメカみたい」という評された外観はファニーな我が家にピッタリ。値段は高級掃除機の半額程度。うーん、果たして大丈夫なのかしら・・・・。

疑いつつも、充電を終えてスイッチを押すと、おぉぉ、掃除している。障害物にぶつかっては避けながら掃除するする。階段もちゃんと避ける。狭い所に入り込んでもちゃんと出てくる。掃除が終わったら、充電場所に自動的に帰る。すごいすごい。子供たちも「ソージー、ガンバレー!」って、ペットみたいに応援して大喜び。

その成果は・・・・・

・毎日掃除できるようになった
今までは時間がとれず週に1回がやっとだったのが、ボタン一つで掃除できるようになったので毎日掃除できるようになりました。

・掃除機がけより綺麗になる
掃除ロボは人間が掃除機がけをするよりかは時間がかかりますが、長時間休まず掃除してくれるので、結果的にはより綺麗になります。床からホコリが消え、ピカピカに。毎日掃除しているのに、ダストボックスからは驚く位ゴミが出てきます。

・ベッドやソファーの下も掃除できる
ベッドやソファーの下ってすごくホコリが溜まりますよね。床にかがみこんで大変な思いをして掃除機がけしていた場所も、掃除ロボは潜り込んで掃除してしまいます。

・留守中に掃除できる
スケジュール運転機能があるので、朝家を出る時に掃除させ、自動帰還。充電が終わる午後2時位にセットしておくと、一日2回の掃除も可能です。

・だんだん愛着が湧いてくる
ヒョウキンな外観もですがオバカな動きがかわいいのです。子犬のようにあちこちぶつかったり後ずさりしながら、けなげに部屋を掃除してくれる姿が、だんだん愛おしくなってきます。ぶつかる音は大きいのですが子犬が鼻をくっつけるような感触で、危険はありません。

・子供たちが床を片付けるようになった
「おーい、掃除ロボのスイッチ・オン!」と子供に声をかけると「はーい」と喜んでスイッチを入れてくれます。「ロボが掃除できるように片付けて」と言うと、先を競って床に落ちている物を片付けます。うーん、父親よりも人気なのはフクザツですが、結果オーライです。

・目覚まし代わりに
子供が朝なかなか起きない時は、掃除ロボを部屋に入れて掃除させちゃいます。

・部屋が汚いストレスから開放

ちょっと注意が必要なのは
・段差や紐に弱い
階段などは検知して自動的に避けてくれるのですが、床に落ちた雑誌やカーペットの端にひっかかります。

・微妙な高さの所に潜り込むと、ひっかかって動けなくなる
折りたたみベッドなどでスプリングが下がっていたりすると、ここにひっかかって動けなくなる事もあります。

・LDKなど8畳以上だと1回では掃除しきれない
朝1回掃除して、スケジュール運転を使って、充電が終わる夕方ごろにもう一度掃除させれば、綺麗になります。

・部屋の隅はゴミが残る
機構上、どうしてもゴミやホコリが残る事があります。フロアモップなどで部屋の隅だけサッとかければ良いでしょう。

・掃除機と同じくらいの騒音は出る
掃除が始まると、それなりにうるさいので、朝食が終わった直後、留守中などに掃除させています。

「洗って干す」を自動化する洗濯乾燥機は数十万円するので、まだまだ手が出ませんが、掃除ロボットは1万円台からなので、時間をひねり出したいときは検討してみたらいかがでしょうか?
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/28-c047a21c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック