武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
号外 98-03 1998年12月10日発行
logonews[1]
速報
12月9日 市議会 厚生委員会の報告

学童保育充実の陳情 ⇒ 意見付きながら、全委員の賛成で採択される!
学童クラブ条例 ⇒ 育成料を3年間で段階的に5,000円へ修正される!

 12月9日、市議会厚生委員会が議会第1委員会室で開かれました。
 午前10時から始まった委員会は、次の3議案について、集中した審議が行われ、決着がついたのは夜の6時すぎでした。
 学童保育について議論をまき起こし、意見付きとはいえ、全委員の賛成を得て陳情が採択(可決)されたことは、大きな前進でした。

市の提案した「武蔵野市学童クラブ条例」
学童協の「学童保育事業の整備・充実に関する陳情」
境南クラブの「学童クラブ増設等に関する陳情」



武蔵野市学童クラブ条例
最終的に、次の2修正案が出されました。

(A)河原、大野委員提案
目的条項の「監護」等の文言修正
土曜開所の条例への明確化
障害児条項の削除
育成料条項の削除(おやつ代等のみ徴収)

(B)西宮・忠地・鈴木・赤松委員提案
育成料の経過措置の設定
平成11年度 月額3,000円
平成12年度 月額4,000円
平成13年度~ 月額5,000円
◆ (A) 修正案は、賛成2で否決
(B) 修正案は、賛成4で可決
◇ 原案(修正分を除く)は賛成4
よって、条例案は「修正可決」となりました。



学童協・境南クラブの陳情
次の意見が付されたうえで、委員6名全員の賛成で、両陳情とも採択されました。

-付帯意見-
『直ちに実現は困難であるが、将来に向かって実現可能なものについては、陳情の趣旨に沿うよう努力されたい。』



この他、定員の拡大(「規則」で計560名)、障害をもつ児童の受け入れの制度化、定員の1割増運用の通年化検討なども審議の中で明らかになりました。朝から、あるいは途中から休みをとって審議を見守った父母のみなさん、本当にお疲れさまでした!!
※12月17日市議会本会議で最終決定の予定です。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/264-cab03674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。