武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No.99-08 年 1月 8日発行
news99title[1]

新年おめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。
 2000年問題もなにごともなく、新年がはじまりました。
 父母のみなさん、あけましておめでとうございます。
 昨年来、「武蔵野市地域児童育成計画」策定委員の任についていますが、第5回の委員会のときに、将来人口予測の話になりました。
 武蔵野市の合計特殊出生率は「0.97」 (国は1.38) で、全国の自治体で下から14番目。2100年には、国の人口は5000万人をきり、市内には小学校が1つしかない……なんてことも予想できます。
 100年先まで、持続的に発展できる社会 (自然と人間) があるか、どうか……子ども達がどう育つか、ということは、こういう問題であると思います。
 新しい正規につなげられる「学童保育」の確固とした制度の確立と、いっそうの内容の充実にむけて、新しい1年を、父母会と学童協、協力し合いながらガンバリましょう。

~会長・平野 治~



●(続報) 境南クラブ増設陳情
 前号では「継続審議」の結果のみ速報した境南クラブの増設に関する陳情の審議の様子が、12月定例会で報告されました。
 市は「学童クラブ事業は施設規模・人員などに行政として責任を持つために定員を決めて行なっている」ということで、全員入所という発想をしないという意味ではこれまでと同じ姿勢でした。ただし、現状の「定員の1割増まで入所を認める」という運用については、この規定ができた当時の出席率がほぼ9割だったのであと1割増えても大丈夫という判断だったことから、現状がどうなっているかを見る意味はあるかも知れないという答弁もありました。



●厚生委員会傍聴しました
 境南クラブの陳情が審議された 12/8 の厚生委員会では、補正予算についての審議も行われました。この中で、国から受けた少子化対策特例交付金の使い道について、学童関係では校内移転する一小クラブについて全体で9000万円 (うち今年度は3500万円) の予算がついたことが明らかにされました。



●市立保育園の給食を民間委託へ (保問協より)
 市の人員削減の一環として、市立保育園の給食を民間委託する方向が打ち出されたとのことです。



●12月~の活動報告
12月 10日 定例会
12日 三多摩連協運営委員会



●策定委員会で学童クラブの位置付けを議論
 「武蔵野市地域児童育成基本計画策定委員会」では 11/19の会議で平野学童協会長がプレゼンしたことは前号でも報告しましたが、年明け以降、委員会全体としてのまとめが課題になってきます。平野会長は、学童クラブは子どもたちにとっては生活の場であり、単なる遊び場ではないこと、そうした基本的な部分を保障した上でもっともっと地域に開かれて行くべきものであることなど、武蔵野の学童クラブの位置付けについて利用者の声が反映されるようにしたいと考えています。
 策定委員会については武蔵野市のホームページでも紹介されるので、そちらもご覧ください。

【今後の日程】
第9回 1月13日(木)、第10回 1月27日(木)、第11回 2月3日(水) (9・11は総合体育館3階視聴覚室、10は市役所8階視聴覚室です)



●子どもまつり報告集は2月完成
 各クラブでの購入をお願いします。



●三多摩学童保育研究集会 (2/20) へ向けて着々と準備中!
 詳しくは別途配布のチラシをご覧ください。盛りだくさんの内容で、子どもにとって、親にとって学童保育とはなにかを見つめ直す絶好の機会です。奮ってご参加ください。
 地元として、武蔵野市からは 40~50名規模の参加が要請されています。例年、参加費は学童協の予算から出して、いわば代表として派遣する形になっていましたが、今年は全員分を学童協の予算でまかなうことはできません。一人あたり 500円程度を学童協から補助することを検討しています。残りは、各クラブ会計から補助の検討いただくか、あるいは個人負担でご参加ください。



12月定例会より~各クラブの活動状況

団体名 内容
本 宿 変質者対策として、CAPの講習を受けてはどうかという意見が出ている。数クラブ合同で申し込んだほうが早く受けることができそう。

三 小 いま防水工事をしているが塗装の匂いがきつくてかわいそうだ。帰路対策として、父母会で帰路の商店街にあいさつ回りをして夜道を帰る子どもを気にかけてもらえるようお願いすることになった。

北 町 今秋、署名を募り施設改善の要望を出した。議員はそのくらいはしてもいいと言ってくれるが市はなかなか。帰路対策として地図を作成中。ライト反射シールも検討中。

一 小 安全対策として、ランドセルに貼る反射・蛍光シールをクラブ児童全員に配布。11人いた保留児が「解消」した。が、実際に入所したのは数名。あとはクラブに行かない生活ができてしまって空きができても辞退する人が出た結果。

大野田 保護者会のあと、有志で指導員と交流。これまであまりなかったが少しずつ深めていきたい。帰路対策でルートと帰宅時間がわかる地図を配布。

千 川 クリスマス会を父母会とクラブの共催でやりたいと考えたが、お互いの都合が折り合わず今年は見送りに。

関前南 クラブの下にできるテンミリオンハウスにどんな団体が入るのかを事前に聞きたいと市に要望しているがなかなかはっきりしない。

境 南 厚生委員会には多数の父母が傍聴に行ったが、当日の午後がクラブのお楽しみ会だったので、審議が午後になってしまった結果、陳述を傍聴できた人が少なくなってしまった。

二 小 校内にあるので教師がのぞいてくれるなどメリットもあるが、校庭開放に混ざってしまってクラブ独自の班運営(異年齢集団の遊び) が弱くなることも出ている。12月第2土曜に自主保育として多摩動物園へ行く。

桜 野 10月から新たな指導員が来た。
(五小クラブ、指導員分会は欠席)



次回定例会は
2月11日(金・祝日)15時から
場所は中央コミセンです。

「平日夜でない定例会」で「場所もいつもと違
います」のでお間違えないようお願いします。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/249-20abea2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。