武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

学童って、子どもを預かってもらえれば良いだけ?
子ども達はどんな思いで学童で過ごしているのでしょうか?

今回の研究集会の講演では、難しいお話は無しに、笑いあり涙ありの暖かいお話を通じて、「学童クラブってこんな場所なんだ」、「学童保育は本当はここまでできるんだ」と感じ取っていただければと思います。
karuta_soft_s.gif
学童協定例会に代わるものとして、学童協ニュースも配布しますので、学童協担当の方もご参加をお願いいたします。

学童クラブの父母・指導員の皆さま、ぜひご参加下さい!

これから子ども達を学童に通わせる
保育園の父母・保育士の皆さま 、ぜひご参加下さい!



■開催
2010年2月13日(土) 参加費無料、参加自由
13:30 開場、預かり保育開始(2階 和室)
14:00-16:00 高橋ヨシヱ先生 講演(2階 大広間)
16:00-17:00 懇談会(学童クラブの疑問にお答えします)

■主催:武蔵野市学童クラブ連絡協議会
■後援:武蔵野市

■会場 西久保コミセン
西久保lコミセン地図

■保育付き
無料、対象3~10歳 応相談、保育希望は2月6日までに親子の氏名・年齢・連絡先を下記までお知らせ下さい

■問合せ
武蔵野市学童クラブ連絡協議会 musashino.gakudo@gmail.com

案内チラシ

■講演
子どもたちの思いを受けとめる子育ての手つなぎを共に
  ~私たちが願う学童保育とは~

takahashi.jpg
講師:高橋ヨシヱ(元 全国学童保育連絡協議会 副会長)

今回は、高橋ヨシヱ先生の講演を予定しています。
ご存知の方には「よっちゃん」といった方がわかりやすいですね。



よっちゃんは、境(現二小)、境北(現桜野)、関前南、井の頭などの各クラブの指導員を26年間勤められ、武蔵野市の学童保育のレベルを引き上げ続けてきました。また、全国の学童保育のために講演で駆け回られています。
多数の元教え子から結婚式に呼ばれるなど、子どもとの人間関係の太さは並みではありません。また、ヨッちゃんは子育てに悩むお母さんお父さんを励まし、心の支えともなっていました。

武蔵野市を定年退職後、現在も西東京市で指導員を実践されておられます。

今回は、難しいお話は無しに、笑いあり涙ありの暖かい お話を通じて、「学童クラブってこんな場所なんだ」、 「学童保育って、本当はここまでできるんだ」と 感じ取っていただければと思います。

当日は保育をつけますので、お子様連れでどうぞ。


■推薦のことば
こんにちは、市長の邑上です。2期目の任期がスタートして4カ月がたちました。 今後も武蔵野の子どもたちの笑顔を守るため、全力で取り組んでまいります。
さて、今回ご講演される高橋ヨシヱさんは、昭和56年から平成17年まで本市の 学童クラブ指導員として長くお勤めいただいた方で、私もよく存じております。現在も西東京市にあるNPO法人の理事として、また、現役の指導員として子どもたちの育成を手がけながら、全国各地で講演活動をされるなど、学童保育の発展に寄与しておられます。「学童クラブは、一人ひとりの子どもが安心してのびのびと生活できる場」との考えを貫いて来られた高橋さんは、素晴らしい指導員の一人です。
今回の研究集会の大成功をお祈りしまして、推薦の辞とさせていただきます。

武蔵野市長 邑上守正



【学童クラブとは】放課後や春・夏休み中などに家庭で保育を受けられない小学生が、家庭の代わりに過ごす場所です。保護者の就労支援だけでなく、子供の育ちにも重要な役割を持ち、保護者同志のつながりから地域ぐるみの子育てへの発展も期待されています。
【学童クラブ連絡協議会とは】学童クラブの父母会相互の連絡、協議、交流促進を行っている父母の団体です。




■よっちゃんって、どんな先生?
今は中高生になった、井の頭クラブでよっちゃんと学童で過ごした子ども達から
20100213child.gif
父母会行事のお泊りキャンプによっちゃんも参加していたんですね。また、その子にとって何が必要なのかを見極めた上での寄り添いがあり、低学年生が刃物を使うことにも挑戦。 制約が多い集団生活の中でどんな雰囲気づくりがされていたんでしょう?
どんな楽しい事があったのかな?

■父母から見たよっちゃんは・・
20100213mama.gif
よっちゃんの学童には子ども達が目を輝せ父母も感動する秘密が
いろいろ隠されているようです。講演でその秘密がわかると良いですね。きっとわかります。

よっちゃんの著作紹介はこちら




よっちゃんにお世話になった子どもたち、父母の皆さん、
よっちゃんがどんな先生だったのかを紹介したり、先生を応援するコメントをぜひ書き込んでね~!
(本名、メールアドレスなど個人情報は書かないで下さいね)



コメントは、
・パソコンならば下にスクロール
・携帯電話ならば「コメント」のリンクをクリック

で、読み書きできます。


コメント
子どもの個々の事情をすごく配慮
高橋ヨシヱ先生の著作を拝読して「子どもの個々の事情をすごく配慮されているな」と思いました。ご講演、楽しみにしています。
2009/12/24(木) 12:42:09 | URL | KAZU #- [ 編集 ]
参加は武蔵野市民限定ですか?
表題通りの質問です。
隣接する三鷹市民ですが、学童の申し込みはしたものの全体像がいまひとつわかっておりません。
ぜひ高橋先生のお話をお聞きしたいのですが、可能でしょうか?
2009/12/28(月) 17:39:22 | URL | 質問です。 #- [ 編集 ]
No title
ご質問いただき、ありがとうございます。ご返答遅くなりすいません
特に制限はしておりませんので、どうぞお越し下さい。なお、併催のガイダンスにつきましては武蔵野市の学童クラブの内容になりますので、ご了承下さい。
2010/01/07(木) 11:46:07 | URL | 武蔵野市学童クラブ連絡協議会 #- [ 編集 ]
元教え子さん達からのコメントが届きました
武蔵野市でよっちゃんと学童で過ごした子ども達からのコメントです

「自分の特技になった遊びを、最初に教えてくれたのがよっちゃんです。自信になりました。 」
その子にとって何が必要なのかを見極めた上での寄り添いがあったようですね。

「夏のお泊りキャンプが楽しかった。 」
当時はお泊りキャンプによっちゃんも一緒に参加していたんですね。

「キャンプファイヤーで使うカボチャのランタンを、自分たちで彫ってつくりました。懐かしい思い出です。」
カボチャをくりぬくハロウィンみたいなランタンかな?低学年生が刃物を使うことにも挑戦していたんですね。

「夏休み中の学童が、とくにおもしろかった。楽しい雰囲気で。あの頃、学童に行くのが楽しみだった。」
制約が多い集団生活の中で、どんな雰囲気づくりがされていたんでしょう?どんな楽しい事があったのかな?

よっちゃんの学童には子ども達が目を輝せ父母も感動する秘密がいろいろ隠されているようです。
講演でその秘密がわかると良いですね。きっとわかります。
2010/01/09(土) 00:54:04 | URL | 武蔵野市学童クラブ連絡協議会 #- [ 編集 ]
当時の父母の方々からのメッセージが届きました
当時、よっちゃんと過ごした父母の方々からもメッセージが届きました。親でも気付かない事に気付く。指導員と子ども達との関係は、子どもにとっても、親にとっても特別なもののようです。

「親も気づかなかった子どもの『光るところ』をみつけてくださいました。
本当にありがたかったです。」

「『リンゴの皮むき』ができるように指導いただきました。
『なぜそれが必要なんですか』と尋ねたら、深い深~い理由を聞くことができて、感動しました。」

「よっちゃんを訪ねて卒所した子たちが時々やってきていました。
そのうれしそうな様子に、指導員と子どもたちの太いきずなを感じました。」

「『子どもたちを親の手つなぎの中で育てよう』と、よっちゃんがよく言われていました。
実際に、学童の親友達には今も支えられています。」

「『子どもは学童に嫌でも来なくちゃならない』
『学校の先生にも、親にも見せない自分を学童で見せる』
だから、一人ひとりの子の心の居場所になる配慮がたくさんありました。」
2010/01/12(火) 21:16:29 | URL | 武蔵野市学童クラブ連絡協議会 #- [ 編集 ]
武蔵野市の後援が決定!
武蔵野市の後援が決まりました!また、邑上市長からも推薦のことばをお寄せ頂きました。チラシも完成し、学童保育、保育園で配布されます。ぜひ多くの方に来ていただいて、学童の暖かさに触れていただきたいですね。皆様からもお声がけ、よろしくお願いいたします。
2010/01/14(木) 21:16:09 | URL | 武蔵野市学童クラブ連絡協議会 #- [ 編集 ]
著作紹介を掲載
よっちゃんが書いた本の紹介記事を作りました。あっと驚く入手困難な本も紹介していますよ!

このブログのカテゴリ「研究集会」から、ご覧いただけます。
2010/01/14(木) 21:46:21 | URL | 武蔵野市学童クラブ連絡協議会 #- [ 編集 ]
むさしのFMで紹介されます!
むさしのFM 78.2MHz 
で、よっちゃんの講演会開催を案内いただく事になりました!
子育ての役に立つ番組なので、ぜひむさしのFMをお聞きくださいね。

1月30日(土曜日) 午前10時30分~午前10時45分(15分番組)
2月6日(木曜日) 正午~午後12時15分(再放送)

【番組概要】
『楽しく子育て!にこにこ吉’S(キッズ)』
 子育て中のパパ・ママのための参加型、子育て情報番組。
 イベント情報や安心安全のセーフティ情報、子育てに役立つプチ情報、また子育てで 一番心強いご近所ネットワークの紹介など、地域に密着した情報をお伝えします。
2010/02/03(水) 07:39:18 | URL | 武蔵野市学童クラブ連絡協議会 #- [ 編集 ]
むさしのFM追加案内決定
むさしのFMから連絡をいただきました。
追加案内がきまったそうです!

2月6日(土曜日) 午前10時30分~午前10時45分(15分番組)
2月11日(木曜日) 正午~午後12時15分(再放送)
2010/02/05(金) 08:19:31 | URL | 武蔵野市学童クラブ連絡協議会 #- [ 編集 ]
講演のレジュメが届きました!
高橋先生より、レジュメが届きました。
講演の内容が楽しみです!

============
子どもたちの思いを受けとめる子育ての手つなぎを共に
~私たちが願う学童保育とは~
高橋ヨシヱ

1.はじめに ~親の願いと学童保育~
-働く親がわが子を守り育てるために誕生させたもの-
イ 武蔵野市の学童保育の歴史
ロ 結婚式での再会

2.毎日「ただいま~」と帰れる「生活の場」でかかわりあいぶつかりあい育ちあう子どもたち
~一人ひとりが楽しんで来れる学童保育にしよう~
イ 子どもたちと考える「学童保育とはね」
ロ 新1年生を心待ちにする2、3、4年生
ハ 新1年生がホッとできるように、の工夫
二 お兄さん、お姉さんたちの受けとめ、伝えあい
・1対1のケンカはいいけど、1対3はイジメです。 1年生どうしのケンカの仲裁
・たくや、野球やろう!教えてやるよ。
・夕方になると大泣きのそらちゃん(1年生) 雨が降るとママに会いたいさーちゃん(1年生)
・よっちゃん、アメちょうだい お母さん夜勤だよ(1年生)

3.みんなで考えたい、今学童保育に通ってくる子どもたちの思い、親の苦悩
~学童保育は病院の待合室でいいの?~
イ 「私は負けられない」 -「日本の学童ほいく」誌10月号より
ロ 自傷行為のこうちゃん 「でもボクはお母さんのために頑張らなければ」
ハ 学童保育が楽しいのは困ります
二 もっと子どもを怒ってください 指導員は管理人?

4.子どもたちの原体験となる学童保育の生活を
~私たちが願う、学童保育とは~
イ 「オレは生まれてこなければよかった、死んでやる」
ロ 「大人になったら、学童の先生になる」
ハ 「おばあちゃん、ありがとう」
二 「拝んでも拝んでも、拝みきれない」学童の仲間たち


5.学童保育で大切にしていること
~子どもたちの夢や願いを管理しない自分(指導員)育てを~
イ いっぱい自由に遊べるために
ロ 学童保育を卒所しても、働く親の子として生きていけるために
ハ 地域の人たちとの関わり
二 父母と共に

6.おわりに
~共に手をつなぎ、子どもたちのふるさとの街づくりを~
イ これからもみんなと手をつないで 石神井川絵巻物語
ロ 自分育ての喜び、感動を実践から 記録を通して
ハ 五十六のような悪さをしたかった優等生
二 「5分だけでも来たい」学童保育
2010/02/09(火) 20:28:34 | URL | 武蔵野市学童クラブ連絡協議会 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/243-7d6e180a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック