武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PDF版


2006vol1.gif
2006年7月14日
第2号
発行:武蔵野市学童クラブ連絡協議会


■三多摩フォーラム開催地に武蔵野市が決定!
第1回定例会にて、三多摩学童保育フォーラムの開催地に立候補することについて協議しました。各父母会で事前に話し合っていただき、「積極的に武蔵野市で開催したい」「開催するのであれば出来る範囲で協力したい」という意見が多数を占め、結局満場一致で武蔵野学童協として開催地に立候補することに決まりました。

6月25日(日)三多摩学童保育連絡協議会(三多摩連協)総会にて、黒木会長より「次回三多摩学童保育フォーラムを武蔵野市に迎えたい」旨の説明を行ったところ、会場より、割れんばかりの拍手を受け、次回三多摩学童フォーラムは武蔵野市にて行うことが決定いたしました。来年2月の開催予定です。

三多摩フォーラムってなんだか小難しそう・・・と感じる方多いのでは?でも学童クラブの子どもたちを取巻く現状や問題、子育ての悩みど、親として共感・共有できる事がたくさんあります。現場の指導員の生の声も聞くことができます。各クラブの父母会のみなさん、指導員の先生方、一緒に協力し合い、みんなで作り上げていきましょう。当日の参加お待
ちしています。



■学童っておもしろい?つまんない?
「学童いきたくない~」って、子どもに言われたことありませんか? 理由は子どもによって千差万別、一概には図れませんが、働いている親にとっては死活問題ですよね? でも無理やり学童に通わせる姿は切ないし、元気なときもそうでないときも、「第2 の家庭」である学童クラブに自分の居場所として安心して通ってほしいものです。そのために、私たちに出来ることはなんだろう? それを学童協ではみんなで考えていきたいと思っています。

ちなみに先日参加した三多摩連協総会で、他市の状況を聞いてきましたが、数多く問題に取り上げられたのが「学童クラブの人数増加に伴う大規模化」。そのため学校内に第一、第二と2つ学童を作ったり、増やしている自治体もあります。武蔵野市のみ、一部待機児童がいるところもありますが、全体としてみると定員割れ。武蔵野市って働
いているお父さんお母さんが少ないの? それとも子どもの絶対数が少ないの?
それとも・・・?
その原因を考えてみることも、もっと学童クラブの魅力が増すひとつの道では?



■市民会議の公募委員になりませんか?
第4期長期計画の見直しについて公募による市民会議を設置
7 月1 日の市報に「長期計画を見直し調整計画を策定する」と大々的に掲載されました。そのための市民会議委員を公募しています。(各分野20 名以内、合計最大100名)これほど大規模な募集は初めてです。長期計画には私たちのもっとも身近な問題「子ども・教育」も含まれています。武蔵野市の子育てには、いま何が必要なのか、是非、公募委員に学童父母の中から立ち上がって声を大にして意見をいいましょう! みんなで策定経過を見守っていきましょう!
市長は市報の中で「行政主導にならないように参加者の積極的な会議運営に期待したい、多いに議論して、意見をいただきたい」と述べています。詳しくは市報をご覧ください。



■学童協ってどんな活動しているの? 専門部のご紹介(その2)
学童協は、「学童保育事業の発展に寄与する」という目的を会則に掲げ、指導員や父母同士の交流、学習・研修を行っています。特に下記の3 つの研究集会について専門部を設け、企画・参加しています。学童クラブを取り巻くいろいろな社会情勢について講師を招いての学習会やパネルディスカッション形式での話し合い、また子どもと一緒に遊びやものづくりなど、親子で参加できる内容もありますよ。
􀂋 武蔵野研究集会(武蔵野市版): 武蔵野学童協主催で市内で行います。内容は特に限定されていません。昨年度は「子どもを犯罪から守る」をテーマに取り上げました。
􀂋 三多摩学童保育フォーラム(三多摩版): 三多摩地区で行います。今年は武蔵野市!
􀂋 全国学童保育研究集会(全国版): 全国規模での学習会です。今年は愛知県で行います。



■児童青少年課に挨拶に行ってきました!
5月26 日 新学童協役員4人で秋山課長・中村課長補佐にご挨拶に伺いました。お忙しい中ありがとうございました。懇談では「指導員と父母の交流について課としては参加を規制していない。指導員の自主性に任せている」と明言されました。保護者・指導員・武蔵野市が「子どものため」という同じ方向で連携してこそ、子どもにとってより良い環境が作れ、健全な育成が図れるはず。 特に指導員とのコミュニケーションは、お互いの立場・気持ちが伝わり、子どもにとってよい結果になるのでは? 秋山課長、中村課長補佐、そして指導員の皆さん。今後とも宜しくお願いいたします。



■次回定例会
9月8日(金曜)19:00~ 西久保コミセン
内容:キャンプ報告、学童ツアーの内容について

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/225-867447d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。