武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【前回まで】45年前、父母のボランティア活動で始まった武蔵野市の学童クラブは、その後公設公営化され、市内各所に続々と設置されました。
【1987年~2000年】
この時期、学童保育に関する法律や条例が作られました。一方、武蔵野市では学童クラブの有料化、土曜日閉所、一部の父母会活動へ禁止事項などの動きがありました。父母会や学童協による陳情、議会での署名採択などの活動もあり、学校敷地内への移転、定員増なども実現されました。武蔵野市の今の学童クラブの形は、この時期の父母の活動によって実現されてきたことが伺えます。

●86年
・「全員入所を求める」請願、附帯意見付きで採択(3月)
・第1回学童運動会開催

●90年
・土曜日の閉所を実施
<厚生省「放課後児童対策事業」開始。学童保育を独自施策として初の補助>

●91年
・武蔵野市─ 学童保育を“将来的には全児童対策に収斂”と提案
・学童協「学童保育をなくすな」と、46,000名の大署名運動
<学校、第2土曜休業に>

●92年
・境北クラブ、施設老朽化のため議会へ陳情し学校校庭内専用施設へ移転
・土曜閉所拡大・変更
市が突然「おばけ大会」、地域との交流行事、土曜日の行事、生き物の飼育栽培、手作りおやつなど「禁止」事項を相次ぎ指示
・児童課へ要望書提出、受取り拒否される(11月)
・市長へ「窓口の関係改善要請」学童協事務局から手紙(12月)

●93年
・学童協シンポジウム開催。

●94年
・市長選挙、市議会議員選挙立候補予定者へ公開質問状
・阪神・淡路大震災、被災学童保育所へのカンパ活動
・市の「土曜閉所説明会」(市内3か所)で意見表明
<学校第2・第4土曜休業に(4月)>

●95年
・「桜野クラブ」開設─ 初の小学校統合に伴う桜堤・境北クラブの統合
第2・4土曜、多摩地区で唯一の完全閉所となる(4月~)

●96年
・第1回「むさしの学童保育研究集会」開催(3月)
・千川クラブ、新千川小学校内へ移転(4月)
 <「児童福祉法改正案」が成立し学童保育の法制化が実現>

●97年
・五小クラブ父母会「クラブ施設の移転」陳情採択(3月)
・学童協、条例化を前にアンケート調査、より学童の充実を求める要望書提出(9月)
・1万余の署名、議員・議会への要請(11月)
・境クラブ、二小校内余裕教室へ移転「二小クラブ゙」に
・「学童クラブ条例」市議会にて制定
学童協「学童保育事業の整備・充実に関する陳情」全会派の賛同で条件付採択
・境南クラブ父母会「全員入所」陳情も採択(12月)
<「放課後児童健全育成事業」が国の制度としてスタート(4月)。
 東京都「学童クラブ運営費補助」の大改正。時間延長・保護者負担導入を促進>

●98年
・「武蔵野市学童クラブ条例」施行(4月)。有料化
保育時間夜6時までに延長
・北町クラブ父母会「施設改善」陳情採択(6月)
・武蔵野市「地域児童育成基本計画策定委員会」設置(8月) 、学童協会長が委嘱委員として参加

●99年
・一小クラブ、近隣からの苦情を端に一小校庭内へ移転
<国の「少子化対策臨時特例交付金」(一部は一小の移転費用に)>
・境南クラブの保留児に対し、急遽定員増(60名→70名)となり8月より保留児も入所
・武蔵野市第三期長期計画第二次調整計画策定に伴う学習と意見書提出。計画書に反映される。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/20-20f1af24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。