武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

PDF版(HP)
2007news_logo.gif
学童協ニュース
第3号 2007年9月13日
発行:武蔵野市学童クラブ連絡協議会
会長 竹内 純


■学童クラブ事業充実に関する要望書を提出しました
8 月10 日に要望書を竹内、黒木両名で児童青少年課へ提出しました。宛名は邑上市長
となっています。
要望事項は下記のとおりです。項目のみ記載します。
􀁸 5小、境南小、井の頭小、本宿小の各学童クラブの学校敷地内への早期移転を実施してく
ださい。
􀁸 大人数クラブの分割、ならびに子ども1人に必要なスペースを確保して、学童クラブの定員
の確保をしてください。
􀁸 長期休暇中、並びに臨時休校等の開所時間を8:00にしてください。
􀁸 クラブ閉所時間を19:00まで繰り下げてください。
􀁸 土曜日の学童クラブ開所を実施してください。
􀁸 指導員と父母との児童育成方針の相互理解のための個人面談を実施してください。
􀁸 指導員への研修の実施を充実してください
􀁸 指導員の配置転換への配慮をしてください。
􀁸 学童クラブ指導員を増やしてください。
􀁸 学童クラブと父母会の相互の連携を深めるようにしてください。
􀁸 学童クラブのニュース配付の許可のルール緩和を実現してください。
􀁸 学校との連携の強化、並びに子どもの情報共有に努めるようにしてください。
􀁸 長期休暇中の校庭使用を弾力的に使えるようにしてください。
􀁸 放課後子どもプランと放課後児童クラブ(学童クラブ)それぞれ、固有の機能維持をお願い
します
􀁸 早期に保育指針作成と保護者との意見交換会の実施をしてください。
􀁸 学童クラブにおける「おやつ=補食」の再認識と、手づくりおやつの実施を可能にしてくださ
い。
􀁸 現在のおやつ代の徴収方法を改めて、育成料と共に徴収できるようにしてください。
􀁸 長期休暇中の昼食を斡旋弁当可能にしてください。
􀁸 市内在住の私立小学校等在校生への学童クラブ入所を可能にしてください。
􀁸 都立養護学校、また、市内通級学級に通う児童の学童クラブ入所に関して、本人の希望が
ある限り、入所を認めると同時に、障害児における学童クラブ入所期間を、本人が希望す
る限り認め、最長6 年生まで、在籍可能にしてください。
􀁸 入所対象年次を4年生まで延長してください。
􀁸 育児休暇中の入所条件を見直し、育児休業中でも学童クラブへ入所可能にしてください。


■学童クラブ育成指針(案)のここに注目!
さる7 月下旬に武蔵野市学童クラブ育成指針(案)が学童クラブ所属の全世帯に示されましたので、注目点を挙げてみたいと思います。まず、全体的には監護・安全だけにとらわれていた今までの学童クラブと違い、子ども一人ひとりの成長を見守り、成長を促すような内容が記載されていることは、高く評価できると思います。また、学童協が毎年、提出している要望書で訴えてきている事が幾つか、盛り込まれている点も同様に評価できるのではないでしょうか。
但し、個々の項目別に見ていくと多少、マニュアル的に感じる部分と、「保育」という観点からみると、今一歩、放課後の子どもの生活の中で成長を促すような内容の記載があって欲しいと感じてます。但し、学童クラブの指針が示されたのは初めてのことであり、初めから満点の指針が出来るではなく、これから、我々保護者と指導員と行政が一体となり、さらに良い物に仕上げていくものだと思います。そういう意味では我々保護者の思いをどしどし挙げていく必要があると同時に子どもにとっての学童クラブについて日々考えていく事も大事ではないでしょうか


■==他にも、いろいろと、意見書を提出しました==
● 厚労省が放課後児童クラブガイドラインについてパブリックコメントを求めていました。武蔵野市学童協からも、ML で求めた皆さんの意見も踏まえながら、評価できる項目と要望項目別に意見を提出しました。
● 武蔵野市の学童クラブ育成指針(案)に対しても、父母との協議や不断の見直しなど、全体的な要望を中心に意見書を提出しました。
《上記意見書について、詳しくは役員または、各クラブの学童協担当にお尋ね下さい》


■=☆ スケジュール☆
● むさしの子どもまつり
10 月21 日(日)
● 第42 回全国研
11 月10 日(土)、
11 日(日)

●定例会
西久保コミセンで第2金曜日を基本に、適宜調整しています。
次回は10月12日(金)19:00~ です。
担当者以外の方でもお気軽にご参加ください。


■全国研に、武蔵野市と武蔵野市教育委員会のダブル後援決定!
11/10(土)全体会(国技館)・11/11(日)分会会(中央大・明星大)の全国学童保育研究集会にみんなで参加しましょう!
当日までわずか2 か月と迫った全国学童保育研究集会(全国研)に武蔵野市および武蔵野市教育委員会のW 後援が決定しました。今年は、15 年ぶりの東京開催!全国から約5000 人もの学童クラブの保護者・指導員が集まり交流できる機会なんてめったにないので、ぜひ皆さんで参加しましょう!ただ、参加したいけどが参加費が高いと思われる方に朗報です。武蔵野学童協では参加費3500 円を全額補助しますので、皆さんのご負担もなく参加できるようになりました。また、11 日(日)の分科会(中央大・明星大)での実務スタッフ(お弁当・美化係)をやっていただける方を各クラブ2 名ほど現在募集中です。実務スタッフの方は参加費・交通費・弁当代を学童協で全て負担しますので、10(土)国技館での全体会は無料で参加できます。ご協力よろしくお願いします。(詳しくは学童協副会長・黒木まで


■学童ほいく誌に武蔵野市のクラブも登場!
「日本の学童ほいく」の9 月号は四小学童クラブが何頁にもわたる写真入りで紹介されています。武蔵野の学童っ子たちの普段の様子を垣間見ることができるので必見です。9 月号の特集は分離・分割のすすめ方を考える―子どもが生活しやすい人数にというテーマで組まれています。
毎号学童についての意見や子育ての知恵など子育て中の私たちの参考になるお話がてんこもりです。 購読希望者は、各クラブの学童協担当者までお申し込みください。


■夏といえばキャンプ各クラブのキャンプ事情をお伝えします
今回のお題はキャンブです。今年のキャンプは天気にふりまわされたのではないでしょうか? 7 月になっても梅雨が明けず、雨ばかり・・・ようやく梅雨明けと思ったら今度は台風。台風でキャンプを中止したクラブもありました。泊まりのキャンプの夜は父母の交流会で盛り上がります。学童クラブは保育園と違って親同士が顔を合わせる機会がなかなかないのでキャンプはとてもいい機会です。

夜通し起きて語り合ったお父さんお母さんがたくさんいました。一方日帰りのデイキャンプをしているクラブもあります(3校)。どのクラブもキャンプ担当の方は事前準備、下見、当日とたくさんの時間と労力を使って工夫にとんだキャンプを行っています。キャンプを担当のみなさま本当にご苦労様でした。

クラブ名 キャンプ場 形式など
本宿 桃花園 一泊 17 名参加
三小 川井キャンプ場 一泊約120名参加
四小 秋川橋河川公園バー
ベキューランド
日帰り32世帯・約100
名参加
一小 森林村 一泊
井の頭 氷川キャンプ場 一泊 台風のため中止
大野田 秋川にて 日帰り
五小 氷川キャンプ場 一泊
関前南 氷川キャンプ場 一泊 51 名参加
千川 あきる野市乙津 落
合キャンプ場
一泊 64 名参加
二小 十里木ランド 日帰り
桜野 戸倉荘(武蔵五日市) 一泊
境南 奥多摩 一泊
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/192-53012c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック