武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

PDF版(HP)
2007news_logo.gif
学童協ニュース
第4号 2007年10月12日
発行:武蔵野市学童クラブ連絡協議会
会長 竹内 純


■10月21日は「むさしの子どもまつり」に行こう!
第25 回むさしの子どもまつりが10 月21 日(日)に開催されます。「こどもたちがお金を持たずに一日楽しく過ごせるところ」をコンセプトにたくさんの遊びや工作のコーナーを用意してこどもたちを待っています。たくさんの学童クラブも参加して、楽しいコーナーを展開します。また乳幼児も楽しめる「乳幼児にこにこコーナー」もあるので、小さな兄弟がいるおうちも全員で楽しめます。お父さん、お母さんには子育て相談のコーナーもあります。飲み物とお弁当を持って、中央公園へでかければ一日楽しめます。

第25 回むさしの子どもまつり
後援:武蔵野市 協力:都立武蔵野中央公園
日時 10 月21 日(日) あさ10 時からごご3 時
雨のときは10 月28 日(日)
会場:都立武蔵野中央公園
所在地: 武蔵野市八幡町二丁目
バス:JR「三鷹」・「吉祥寺」から西武柳沢駅行きバス 「八幡町」下車
自転車または公共の交通機関でお越しください。

子どもまつり参加の学童とコーナー名
井の頭こどもクラブ 中打ちドッチボール
千川こどもクラブ ストラックアウト
関前南こどもクラブ わたあめ実験2007
大野田こどもクラブ シャボン玉を作ろう
桜野こどもクラブ 天までとどけ紙コプター
二小こどもクラブ たこたこあがれ
三小こどもクラブ スライムづくり
学童協 手作り工作&全国研PR


■調整計画ヒアリングに参加しました
武蔵野市調整計画策定委員会と市民団体の意見交換が9 月14 日に開かれました。学童協もこのヒアリングに参加して、以下の意見を発言ました。また、学童協名で意見書も提出しました。
1. 学童クラブ事業の充実を前提とした調整計画の策定について
いっそうの学童の充実を前提に今次調整計画の策定を要望しました。
2. 学童クラブと地域子ども館の別事業としての確認と連携について
調整計画において、放課後の生活の場としての学童クラブと全児童の放課後の居場所・遊び場としての地域子ども館を「別事業」として明確に位置づけ、その上で効果的な連携の方策について検討する旨、記載するよう要望しました。
3. 学童クラブの土曜開所について
学童在籍児童の土曜日の過ごし方の問題は、学童の枠組みの中で検討するよう、調整計画で明確に位置づけるよう要望しました。
4. 移転問題について
調整計画に、学童の校内移転の必要性とその確実な推進について言及するよう要望しました。


■調整計画とは(武蔵野市HPより引用)
地方自治法では、市町村は、議会の議決を経て基本構想を定め、これに即して総合的かつ計画的な行政の運営を行うようにしなければならないと、市町村のまちづくりの基本指針となる基本構想の策定を義務付けています。
武蔵野市では、昭和46 年から市の総合計画である基本構想・長期計画に基づく計画行政を推進しています。現在は、平成16 年12 月に議決された第四期基本構想・長期計画(平成17~26 年度)に従って、各種の施策・事業を実施しています。
武蔵野市の長期計画は、10年間を計画期間として策定していますが、策定時には予測しえなかった社会状況の変化に対応するため、市政選挙を踏まえて、4年ごとに長期計画の見直し(「調整計画」の策定)を行うシステムを実施してきました。


■=☆ スケジュール☆
● むさしの子どもまつり
10 月21 日(日)
● 会長会
10 月23 日(火)
西久保コミセン
19:30~
● 第42 回全国研
11 月10 日(土)、
11 日(日)

●定例会
西久保コミセンで第2金曜日を基本に、適宜調整しています。
次回は11月2日(金)19:00~ です。
次回は第一金曜日となりますので、おまちがいないように!担当者以外の方でもお気軽にご参加ください。



■感動!体験!全国研!
参加費の3,500 円は学童協が全額補助します!
11/10(土)全体会(国技館)・11/11(日)分科会(中央大・明星大)の全国学童保育研究集会にみんなで参加しましょう!
全国研と聞くと、堅苦しい勉強会のようなイメージを持たれるかもしれませんが、全国各地の学童関
係者が一同につどう「年に一度のお祭り」といったほうが近いと思います。
10(土)に国技館で行われるのは晴れやかなオープニング。オリンピックの開会式のように歌あり、こ
どもたちの出し物あり、そして感動間違いなしの記念講演ありという盛大なお祭りです。11(日)の分
科会は、学校の文化祭のようなお祭り。いくつものテーマの中から好きなテーマのお部屋にいって、
お話を聞いたり、わいわいガヤガヤ意見交換したりします。「とにかくいい話が沢山聞ける」「子ども
を取り巻く環境への理解が深まる」「毎日をあたふた生きてる私達にとっては活力になる」実り多 きイ
ベントです。
保育は都内各地の学童クラブの指導員が担当するから安心!
保育は、都内各地の指導員の先生が担当されるので、工作あり、散歩ありと、まさに学童保育に一日お子さんを預けていると考えていいでしょう。ですから、お子さん(3 才以上)連れでも大丈夫。ぜひぜひ誘い合って参加しましょう。

■当日実務スタッフ募集しています
11 日(日)の分科会(中央大・明星大)での実務スタッフを募集しています。
武蔵野市の担当はお弁当・美化係で、昼食のお弁当の配布と回収です。実際にお手伝いいただくのはお昼前後の時間なので他の時間は分科会に参加できます。また、実務スタッフをすると参加費はもちろん、交通費・弁当代も学童協が補助します。全国研は学童関係者の大きなお祭りですが、スタッフで参加すると、また違った充実感が得られると思います。10(土)国技館での全体会ももちろん無料で参加できます。ご協力よろしくお願いします。(詳しくは学童協副会長・黒木まで


■学童ほいく誌を読みませんか?
「日本の学童ほいく」の10 月号の特集は「毎日の生活で育み合うもの」です。もくじから一部抜粋すると
子どもたちの成長を支えるために ――生活と大人の配慮 / 茂木俊彦 /
子どもたちの育ち合う力 / 長沼達夫 /
めいちゃんの一年間 / 長谷川亮 /
ともに生活する仲間だからこそ / 永多香
織 /娘の成長に心があったかくなって / 石井拡子 /
子どもの成長を感じ取れる大人に / 加藤彰子
というように子育ての知恵や学術的な意見など子育て中の私たちの参考になるお話がてんこもりです。2月号には全国研報告の大特集が組まれますので、参加される方は必見です。購読希望者は、各クラブの学童協担当者まで。お申し込みください。

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/191-97667ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック