武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

子どもと行ってみると楽しいスポットを紹介するこのコーナー
前々回で三鷹の住宅や天文台を取り上げましたが、今回は、知る人ぞ知る、三鷹の跨線橋を紹介します。
20091024kosen_monojpg.jpg

JR東日本 中央線が好きだ キャンペーンでも取り上げられたこの跨線橋からは、いろいろな物が見えるんです。



JR東日本のポスターでは、”1929年に造られ、かつて三鷹に住んだ文豪・太宰治もよく散歩に訪れたという歴史あるスポット”とも紹介されています。戦前からあるんですね。

電車を眺める
訪れると、電車好きの親子がよくいらっしゃいます。足元までフェンス張りなので、小さな子どもが背伸びをしなくても安心して電車を見る事ができます。
20091024kosen_view.jpg

最近の橋は高い目隠しがあったりで、こんなに電車がよく見える橋は全国的にも珍しいんです。車庫まで見えるというのもポイントです。
20091024kosen_kura.jpg
オレンジ色の電車ばかりかと思われがちですが、特急やホリデー快速、地下鉄と結構バラエティに富んでいます。

男の子にウンチクできるように、ちょっと解説してみましょう。

・黄色い電車は2種類ある
全部同じに見えますが、実は正面が銀色のものと、白色のものと2種類あるんです。

・オレンジ色の電車も2種類ある
中間に運転室が挟まっているのと挟まっていないものと2種類あります

・運転手に手を振るなら、駅を出発した電車に
運転手さんは駅に入る時は緊張しているので、上を見る余裕があまり無いんです。発車直後だと余裕があって、手を振り返してもらいやすいんですよ。

・車庫の中は専門の運転手が運転している
回送電車が駅から車庫に入る時は、ホームで運転手が交代します

文学を眺める
ここを散歩した太宰治、境にいた国木田独歩。「走れメロス」や「武蔵野」なら子どもともお話できるかな。

歴史を眺める
この橋の北側に見える木立が玉川上水で、1653年に開削されました。羽村から四谷大木戸まで高低差が100mしかないところに水を流すのは大変な苦労がありました。玉川上水は、三鷹市と武蔵野市の境界にもなってます。この上水を通って江戸に導かれた水は、地下に埋められた樋を伝って各所に配水されたので、日本の水道の原点です。
20091024kosen_tj.jpg
木が茂っている所が玉川上水

でも、武蔵野の人達はこの水を使えませんでした。開通から70年たった、1722年にようやく分水が許され、「幕府の気が変わらないうちに」と、猛烈な突貫工事で分水が作られ、新田開発が始まります。

1834年 調布の農家に後の新撰組局長となる近藤勇が生まれます※。幕末乱世の時代を経て、明治に。

※近藤の生家である農家は、戦時中に行われた調布飛行場拡張の際に取り壊され、近辺に再建されました。この橋からも飛行場に離着陸する飛行機が眺められます

1870年(明治3年) 玉川上水に船が通りはじめ、大量輸送がもたらされます
1872年(明治5年) 水質汚濁を理由に、玉川上水の通船が廃止

1889年(明治22年) 当初は玉川上水の通船の代わりとして、その後計画が拡大されて甲州と武蔵野を結ぶ甲武鉄道こと今の中央線ができました。開通当初は三鷹駅は無く、境村に駅(武蔵境)が置かれました。

1893年に東京市街の飲料水汚染防止のため、三多摩地区が神奈川県から東京府に移管されます。

1898年に国木田独歩が武蔵野を発表。

1923年の関東大震災の後、都心から逃れた人達が中央線沿線に住み始めました。このとき、森鴎外のお墓も三鷹の禅林寺に改葬されました。

1929年 三鷹に電車区ができ、この跨線橋が作られます。80年前ですね。
20091024kosen_rail.jpg
溶接がまだ無かった時代なので、レールをリベットで繋いでいます

1930年 三鷹駅ができます。

1938年に中島飛行機武蔵製作所ができ、武蔵境から引き込み線が作られます。

武蔵製作所はエンジン工場でした。東洋最大の中島飛行機は飛行機を一貫生産していました。今のひばりが丘やICUにも工場や研究所があり、三菱重工やIHIなども近隣に工場を持ちました。

1941年真珠湾攻撃

1943年 太宰治が玉川上水で入水自殺。後に6月19日は桜桃忌(おうとうき)として禅林時に多くの人が訪れるようになります。

1944年(昭和19年)11月24日 武蔵製作所を狙う空襲が始まり、終戦まで十数回の銃・爆撃が行われ爆弾500発が命中し二百余名の殉職者と五百名を越える負傷者を出し工場は廃墟と化します。

1945年 東京大空襲。終戦。占領下の1949年に昭和史の大事件がここで起きます。三鷹事件です。犯人が誰かは今も諸説ありますが、車庫から電車が暴走して、今はLONLONがある所の車止めを突き破って、三鷹駅南口駅前広場に飛び出しました。

1951年 中島飛行機の跡地に5万人収納の公式プロ野球場である武蔵野グリーンパーク野球場が作られます。お披露目は国鉄スワローズ対名古屋ドラゴンズ戦。この橋をくぐって中島飛行機の引き込み線につながる武蔵野競技場線が作られ、観客輸送の直通電車が東京から走りました。占領軍に接収された後楽園や神宮球場が接収解除になったこともあり、武蔵野グリーンパーク野球場は翌年に歴史を閉じてしまいました。続いていれば、金田正一長嶋茂雄の対戦で沸いたことでしょう。
20091024kosen_nakajima2.jpg
今は保線基地(写真右端の線路のあたり)と公園、その先につづいている緑道になっている所が競技場線でした。

中島飛行機跡地は、現在NTT武蔵野研究所、子どもまつりの武蔵野中央公園、市役所、市民競技場、団地 などになりました。また、中島飛行機から分かれた企業はプリンス自動車(技術の日産「スカイライン」を生んだ)、スバルなどの企業になりました。日産自動車が荻窪でロケット開発をしていたのもこの流れからです。

1964年の東京オリンピックの年に東小金井駅が開業

1965年 西武多摩川線の貨物扱いが廃止され、東小金井の貨物駅からスバルの自動車が運ばれるようになりました。

1969年に通勤五方面作戦の1つとして中央線は三鷹駅まで線路が4本並ぶ複々線になりました。

計画では三鷹-立川間も複々線化されるはずだったのですが、他の路線がすべて複々線になっていく中、ここだけは着工されずに40年・・・・。計画が残っていたために、立川までの各駅は改修もできず、長らく古い施設のまま使われ続けました。

1974年に恵比寿のビール工場が玉川上水を使わなくなり空堀化。1986年に清流が復活
1984年 東小金井の貨物駅が廃止
1985年 吉祥寺にスタジオジブリが誕生
1999年 中央線の高架化工事が始まりました。時間がたってしまった間に法律も変わり、高架複々線は建設不可能に
2001年 三鷹の森ジブリ美術館開館
2003年 玉川上水は国の史跡に指定
2009年 12月 三鷹-国分寺間が高架に切り替え

歴史にifは無いとはいえ
もし玉川上水がなくて利根川から水をひいていたら、武蔵野市は神奈川県だったでしょう。近藤勇が農夫として一生を過ごしたら、幕末はどう変わったのでしょう。この橋から見える玉川上水が、武蔵野の歴史を作ってきました。そして、環境問題を考えるとき、水はさらに大切な物となっています。

また、中島飛行機がなかったら悲惨な戦争は変わった物になったかもしれませんし、「技術の日産」も「H2ロケット」も無い。なんて考えると、この橋から見える風景が、痛い歴史の積み重ねから来ている事に気づきます。

未来を眺める
三鷹駅北口のタワーマンションができると、人の流れも大きく変わるでしょう。
2011年には中央線の高架化工事が完了します。40年前の計画では、武蔵境に向かう高架の線路は2本でなく4本になっていたはずです。今はトンネルで立川まで線路を増設する計画が構想されています。でも、人口減少が見えつつある今、いつの事になるやら・・・。



80歳の橋の上で、子どもと通り過ぎる電車を眺めながら
ここを通り過ぎた人、歴史、平和、そして子どもの未来を思い、語りかける。
そんなひと時は、いかがでしょうか?

三鷹跨線橋
東京都三鷹市上連雀1丁目付近
JR「三鷹駅」下車 南口より徒歩約7分
ムーバス 境・三鷹循環 7番 跨線橋 目の前
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://musashinogakudo.blog45.fc2.com/tb.php/154-57223d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック