武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

生い立ち ― むさしの子どもまつりの誕生

☆ 1981年、武蔵野市内の学童クラブの親子による第1回「学童まつり」が武蔵野中央公園で開かれました。初めて全学童クラブの交流が実現し喜びあった父母たちは、「学童クラブだけでなく武蔵野市の全ての子どもたちと一緒に楽しめたらどんなに素晴らしいことか」と夢をふくらませました。

☆ 一方、市内西部地域を中心に、子どもを守る会・学生セツルメント・子ども会・婦人団体・老人会・教職員組合・商店会・市民会館・人形劇や絵のサークルなど諸団体と有志が子育てで手をつなぎ、1970年から12年間「武蔵野子どもまつり」を続けていました。

☆子ども時代に大切な“遊び”の時間や広場がなくなっていくのを心配して、この西部地域中心の「子どもまつり」と3回目を準備していた「学童まつり」は相談し合い、一緒に市内の諸団体にむけて“新しい子どもまつり”をつくろうと呼びかけました。

☆ こうして1983年、市内30数団体が実行委員会を作り、新しい「むさしの子どもまつり」が誕生しました。第1回むさしの子どもまつりには、約7000人の大人と子どもが参加してにぎわいました。以来20年以上にわたり、子どもまつりは地域にすっかり定着し、子どもたちをとりまく環境が大きく変わる中にあっても、いっそう期待され愛されています。


むさしの子どもまつりの特色

★ つぎのような願い──「子どもまつり憲章」をもち、年間を通して取り組まれています。
○ 子どもたちの健やかな成長を願う人たちが、みんなで力を合わせましょう!
○ 子どもたちの状況や子育てについて、情報交換・学習・交流をしましょう!
○「子育ての輪」を広げましょう!

★ つぎのような特徴がある、ちょっと変わった「おまつり」です。
○ 参加は無料、子どもがお金を使わないで一日おもいっきり遊べます。
○ 乳幼児から大きな子まで十分楽しめ、親子で一緒に楽しく交流もできます。
○ 実行委員会の各団体の父母や先生たち、いろいろな市民が自由に参加して、創意あふれる遊びを企画し、手作りの遊びがたくさん用意されています。 


どんな人たちが運営しているの

☆ 保育園・学童クラブ・学校関係、婦人・文化・業者の地域の団体など、幅広く市内約40団体と個人の方々が「子どものために」と一緒になり、「実行委員会」をつくり企画・運営されています。

☆ また、第15回からは、子どもまつりに参加しながら大きくなった小学校高学年・中学生による「子ども実行委員会」が誕生し、遊びのリーダーとして活躍し、「子どもが主役の子どもまつり」という願いへの希望の星となっています。


どんな内容のまつりなの 

★ 毎年10月の「おまつり」には、とても一日では回りきれないほどの手作りの遊びが一杯。

<各団体のコーナーでは>・・・昔遊び(ベーごま、染め紙など)、工作遊び(木工教室など)、乳幼児のちびっこ広場(ダンボールトンネルなど)、スポーツ遊びなどが20以上

<中央舞台では>・・・合唱、太鼓演奏、けん玉披露、マジックなど

<他にも>・・・「子育て相談」や展示コーナー、などなど。

★ 子どもたちは真剣に挑戦し、遊びに夢中になっています。目を輝かせ精いっぱい楽しんでいる子どもの姿を見て、準備した親たちも感動し輝いています。