武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
newslogo[1]
2000.No5


●分野別ヒヤリング開かれる!
 10月13日(金)市役所第8会議室にて、武蔵野市第三期長期計画第二次調整計画策定に向けての「分野別ヒヤリング(教育(子育て)・文化)」が行われました。「討議要綱」の記載内容を基に、質問・意見・要望を市民が提示し、東原委員長はじめ7人の策定委員(うち2人は助役)が回答、説明する形で進行されました。学童協(廣政会長)も「……一般児童に施設を解放する必要があります。」についての説明を求め、学童クラブ事業について提言しました。なお、ヒヤリングの内容は、「必要に応じて」議事録を作成し、情報公開するそうです。参加者からの報告は、裏面に掲載します。


●むさしの子どもまつり 今年も盛況!
 去る10月15日、都立武蔵野中央公園において18回目となる「むさしの子どもまつり」が開催されました。まさに秋晴れの天気の下で、子どもや大人がそれぞれ楽しい一日を過ごすことができました。全部のコーナーを楽しめましたか? 各地区のコーナーでは、それぞれに盛り上がっていたようです。4年生以上の子どもたちのコーナーだけでなく保護者OBのコーナーが今年から始まりましたので、これから卒所されてしまう方々でも来年からは楽しめますよ。


●行ってきました! クラブ見学ハイク
9月30日(土)一小・浜田山児童館、浜田山第2学童クラブ・松原小BOPの4施設を見学しました。
 ・参加者10名(一小・井の頭・五小・関前南・桜野・境南)

見学施設
ポイント
参加者感想

一小こどもクラブ(武蔵野市)
7月に移転開設されたクラブ
・バリアフリーなのに、2階で階段しかないのが不思議。
 ・我がクラブと同じ定員なのに、この広さはうらやましい。

浜田山児童館(杉並区)
児童館の中の学童クラブ (1F児童館2F学童クラブ)
・ 学校内より児童館併設のほうがいいと感じた。
・ 自治体の子どもに対する姿勢が違う事を改めて実感。

浜田山第2学童クラブ(杉並区)
児童数増加に対応した浜田山学童クラブの第2クラブ(校舎内)
・ 定員増に伴い、即、第2クラブを作ったのは素晴らしい。
・ ひのきを使った壁は暖かみがありホッとする感じ。

松原小BOP・学童クラブ(世田谷区)
今年度開設されたBOP
学童クラブとBOPの関連は?
・ 複数のスタッフの中で、子どもの気持ちをしっかり受け止められるのか疑問。
・ 放課後対策として新BOPは良いと思うが、生活の場としての感じがなかったように思う。

*詳しい報告は、後日。                            担当クラブ・境南こどもクラブ


●各クラブ父母会活動報告

本 宿
9/9CAP開催。9/15子どもまつりに向け三小とビラ配り、スライム・ドラゴンづくり。

千 川
9/15キャンプ反省会。10/7子どもまつり準備。

三 小
10/15本宿クラブと一緒に子どもまつりに参加。10/16床/トイレ/手洗い工事終了引越し。南町コミセン文化祭準備。1月にCAP開催予定。

関前南
9/9役員会、キャンプ打ち上げ。9/30見学ハイク。10/7子どもまつり実行委員会。10/15子どもまつり実行委員反省会。

北 町
9/14父母会(コミュニケーションの活性化について)。10/15子どもまつり。

境 南
9/9新入会父母を招いて拡大役員会。9/16見学ハイク下見。9/17臨時役員会。9/28討議要綱に対する意見書提出。9/30見学ハイク。10/8コミセン文化祭実行委員会。

一 小
9/8学童保育のあり方について意見交換会。9/29役員会(帰宅対策、子どもまつりでの父母交流会計画)。9/30クラブ見学ハイク(案内)。
10/7子どもまつり実行委員会。

二 小
9/16役員会。お店やさんごっこ。
お誕生会。

井の頭
9/16、23子どもまつり準備会。9/29討議要綱について意見書提出。10/4クラブ・学童協の意見書配布。保育園父母対象に学童クラブについてのガイダンスを企画中。

桜 野
9/7役員会、子どもまつり実行委員会。9/28子どもまつり実行委員会。9/30役員と指導員の懇談会。10/7子どもまつり実行委員会。

大野田
9/2役員会。9/8CAPワークショップ(本宿と合同)。10/14役員会。

指導員分 会
10/15子どもまつりで、子どもたちが舞台でケン玉をがんばって披露してくれました。

五 小
9/16役員会、討議要綱について意見書提出。9/30見学ハイク参加。


●「分野別ヒヤリング」の報告

*議事録が公開されればより正確に伝わるのですが、主なやりとりとしては次のようなものがありました。

Q.「共働きで子どもを長時間他人に預けることが問題と書いてあるが、どういう根拠か?」
A.いちばん多くのご批判を受けた。子どもの発達に関しては色々な研究・説がある。表現が舌足らずだったかと思うが、言いたかったのは、孤立した育児で母子分離ができない問題と、親に心を開くことができない問題との二つがあるのではないかということだ。

Q.「学童クラブ施設を一般に開放すべきとはどういう意味?」
A.学童クラブは素晴らしいところだから、もっと多くの子に機会を与えてあげられればという気持ち。一方で、児童福祉法の定めでは子どもたちに遊びの場を与えるのが目的ではなく、放課後に家庭の保護が十分でない子を対象にしていることも承知している。

Q.「世田谷の新BOPのようなものを想定しているのか?」
A.世田谷をはじめいろいろなやり方があることは知っているが、具体的に決めてはいない。

他にも、青少協やボランティアの方から児童館の要望や子どもの居場所についての意見が出て、とても参考になりました。もっと地域の人と手をつないで行きたいと思う内容でしたので、議事録が公開されたらぜひご覧ください。

<第二次調整計画・今後の予定>
・10月 分野別、庁内ヒアリングを踏まえて、計画案の作成作業⇒もっと意見を出していきましょう。
・11月 「調整計画案」の完成(11月市報掲載予定)。市議会全員協議会等
・12~1月 「地区別ヒアリング」 ⇒計画案に対して、質問や意見を述べる場はここです。
・2月 「第二次調整計画」の完成(市報掲載)


●「日本の学童ほいく」誌 担当より 
*「日本の学童ほいく」誌(8~10月号)の配布が遅れましたこと、お詫びいたします。11月号には、武蔵野市父母の文章が掲載されています。これを機会に、是非ご購読ください。


●活動報告
9/21 児童課課長面談
9/29 調整計画「討議要綱」意見書提出
9/21 臨時拡大定例会
9/30 見学ハイク
10/1 三多摩運営委員会
10/13 市民ヒアリング
10/15 子どもまつり
10/20 定例会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。