武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

newslogo[1]
2000.No.8


明けましておめでとうございます

いよいよ21世紀の幕開けですね。皆様の毎日が、健康で笑顔が絶えない年でありますように、心よりお祈り申し上げます。

 さて、昨年末に出された「子育てプラン武蔵野」「調整計画<計画案>」は、ご覧になりましたか? 特に私たちが注目すべきは、武蔵野市が子育て施策をどのようにしていこうと考えているのか、その中で学童クラブはどう位置付けされ、どのような保育が考えられているのか、ということです。昨年も協議してきた「学童クラブは子どもにも、また保護者にとっても必要なものであり、それには専用のスペースと専任の指導員が不可欠であること」を基本に、もう一度私たち一人一人が「学童クラブは何のために誰のためにあるのか、本当に学童クラブが必要なのか」という根本を確認しあい、そこから市へ声を上げていかなければなりません。

 多難な年明けとなりましたが、明るい未来を切り拓くためにも、皆様のご理解とご協力を本年もお願いいたします。

会長 廣政 昭子


●市議との懇談会報告

 昨年12月25日に「第三期長期計画第二次調整計画」及び「子育てプラン武蔵野」について、武蔵野市議会議員と学童協役員及び父母2名の参加で懇談会が開かれました。出席してくださったのは、山下倫一(市民クラブ:厚生委員長)、松村勝人(21民主)、梶雅子(共産)、たき美世子(社民)、山本ひとみ(市民の党)の各議員でした。ありがとうございました。

 内容の詳細は、臨時ニュース(No.00-04)号に掲載していますので、そちらをご覧ください。

 今後、学童事業がどのようになっていくのかは不明ですが、事業内容を変更する施策が明らかになったとき、私たち保護者は「保護者と子どもにとって、どのような機能が、なぜ学童に必要なのか」ということを理解しておく必要があるでしょう。当日の出席者では、多数となるすべての児童の保護者に対しても理解してもらえるようにしておくべきという意見がまとまりました。

 長期計画の計画案については、まだ意見を出すことができます(1月31日まで)。意見は「反対」だけではありません。よい面も含めて、学童クラブの事業の充実やすべての児童に対する施策などについて、いろいろな方向から見つめみましょう。そして、個々が思うことや、どうしてほしいのか、どうなっていくのは困るのか、といった意見をどんどん発していきましょう。言わなければ、何も変わりません!

【意見の宛先】武蔵野市緑町2-2-28 武蔵野市役所企画課気付 武蔵野市第三期長期計画第二次調整計画策定委員会

*市のホームページ http://www.city.musashino.tokyo.jp/ の中にある調整計画のページからもメールで意見を出すことができます。



●各クラブ活動報告・方針

本宿
5/20総会・CAPプロジェクト申し込み、予算(5~6万円)など含めて検討中。

千川
父母同士の交流を深めたい。たくさんの父親が参加できる、楽しい父母会にしたい。

三小
お友だちマップ作成。商店、近隣の方へ挨拶。先生を囲んで親睦会。

関前南
41人39世帯でスタート。5/22総会・5/24新入所生・新先生歓迎BBQに92人参加。5/11テンミリオン運営開始。

北町
陳情採択後、動きがなく父母会(親の会と名変)の活性化。学童協を通じて他のクラブへの係わりを持ちたい。

境南
9人保留児内、数人で週2回自主保育。市へ夏休み期間の受け入れ要望。
保留児解決に向けがんばりたい。

一小
移転後の問題、保留児、帰り道の対策。
7月上旬に移転。開所式を思案中。
親子の交流を深め、楽しい父母会に。

二小
6月上旬に新入所生と親子スポーツ大会(交流会)。一人一役で年間活動する。

井の頭
クラブ内の雰囲気が良くなった。近隣苦情により庭で遊べず、クラブ移転を考える。

桜野
まつり好きで行事参加率高く、担当の押しつけもない父母会です。次年度入所予定の子を交えたXマス会検討中。

大野田
60世帯67人・障害児3人(新1年)入所。指導員4人フリー2人体制で熱心な指導に感謝。参加しやすい父母会に。CAPプロジェクト計画中。

太陽クラブ
二小子どもクラブOB、OG4~6年対象の自主保育クラブ。

五小
99年度は移転活動の年だった。地域・PTA・青少協・児童課課長・市議と意見交換会開いたが移転実現は無し。校庭開放に行けず、地域の子と分断された状況。

指導員分会
3月に「子育てプランむさしの」の報告書ができ、この内容に関して、秋に答申が出る予定。学童保育がより良い方向になるよう、父母の方々と考えていきたい。


●キャンプ交流会 今年も開催します!

毎年大盛況のキャンプ交流会を、7月初旬に予定しています。
キャンプ計画に役立つ情報や、各クラブとの情報交換など、実際に歌やゲームして楽しみながら交流します。
キャンプ担当者必見の価値あり!!
「こんなことやって欲しい。」「教えて欲しい。」「レクリエーションで盛り上がるには?」…などなど、ご希望内容がありましたら、お気軽に学童協事務局までご意見お寄せください。
 *詳細は後日。
 *お子さんも参加してね。


●「日本の学童ほいく」誌 ご購読のお願い
学童保育に関する唯一の専門誌で、全国の父母と指導員が協力して作っている雑誌です。(今年度は、学童協会長の廣政が編集委員として企画に参加しています!)全国の学童クラブの状況や、指導員・父母の方々の意見や悩み、さまざまな想い、子どもたちの声などが掲載され、特集も充実。子育てで悩んでいる方、めげている方、元気いっぱいの方、みなさんぜひ購読を。

年間購読料3,960円
(5月~翌4月号1冊330円)

*お申し込みは、各クラブ学童協担当者へ。


●活動報告
12月19日(火)保問協事務局会議
12月22日(金)児童課長と懇談。市議会全会派あいさつ・懇談
12月25日(月)市議会厚生委員と懇談会
2001年
1月9日(月)保問協・公的保育との学習会