武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学童協ニュース
newskodomo[1]newskodomo[1]newskodomo[1]
武蔵野市学童クラブ連絡協議会 NO. 01-03 2001年8月13日発行


◆7月定例会報告
 7月13日(金)第2回定例会が開かれ、先の凶悪事件を受け各クラブの安全対策について報告・意見交換が行なわれました(下表参照)。また、安全対策の一環として、CAPの紹介もありました(右下枠参照)。一方、夏休みのイベント、キャンプに向け、各クラブとも準備が進んでいる様子が報告されました。

★CAPってなに?
Child Assault Prevention(子どもへの暴力防止)の略で、「キャップ」と読みます。
ワークショップ形式でいじめ、痴漢、誘拐、虐待、性暴力といったさまざまな暴力への対処方法を具体的に、子どもと大人それぞれに教えるプログラムです。昨年来、いくつかのクラブ父母会や学校(青少協)で実施しています。7月定例会で資料を配布しましたので、詳しくは各クラブ学童協担当へ。

★詳しくは下記サイトへ!
CAPセンター・JAPAN
サイバー・キャップ・プロジェクト


◆キャンプ交流会報告

7月8日(日)14時~17時 中央コミセンにて、25名が参加してキャンプ交流会が行なわれました。1・2部の資料は、各クラブに配布しています。

●第1部 熱中症と救急法講習
消防署のスタッフを招いて、今年話題の熱中症についての説明と応急処置法(ビデオも)を中心に、人工呼吸法、三角巾でのケガの対応方法など、実践的な話と実習をしました。「ハチにさされたら?」「川で溺れたら?」など、身近に起こりそうな事故についての対処法も教えてもらえました。

●第2部 ネイチャーゲーム講習
成蹊中学・保母先生による『誰でもできるネイチャーゲーム』講習。耳慣れない内容に、はじめは??? でしたが、やってみると実に面白い! 身近な自然でのゲームを紹介され、子どもだけでなく、大人もどんどんはまっていました。ビンゴカードは、「木の葉」「虫」…探すだけでも楽しそうです。

●第3部 意見交流会
意見交換では、各クラブで抱えているキャンプの問題(雨天のときの過ごし方、遠くない場所選びなど)や、今年の予定などフリートーキングで交流しました。「時間が足りない」と思うほど充実した内容でした。

*キャンプ報告用紙は配布済み。キャンプご担当の方、ご提出ください。


◆クラブ報告・安全対策について

本 宿
児童課とのホットライン回線があるので、緊急時には児童課へ即時に連絡可能。PTAでは門に立つなどの対策をしている。※校外施設には、児童課との直通電話があります。

五 小
杉並の事件当日、学校で集団下校の措置が執られたが学童の父母はその事実を知らなかったので、昼間の緊急時対策として携帯電話など昼間の連絡網を作成(有志で)する予定。

三 小
クラブが学校の敷地内なので、学校の対策、措置に準じた対応になっている。検討中だった親同士の日中の緊急連絡網は、7/14役員会で「丁目ごと」に作成することにした。

関前南
可能な家庭では迎えに行くなどの対策をとっているが、PTAに比べると学童の父母の危機管理意識が低い。

北 町
半地下で出入り口が一つでは、とても不安だった。児童課に要望して、これまで使えなかったコミセン部分との通路が使えるようになった。指導員は、交通安全の配慮もあり、児童の帰路に気をつけてくれている。

千 川
子ども会では、朝昼、ポイントを決めて親が立つようにしている。PTAでは、2つの門を持ち回りで立つようにしている。CAP講習会を父母会で検討中。

ニ 小
指導員が、子ども達の帰宅時間を見計らって順番に帰宅確認の電話をしてくれているが、それに比べると父母側の意識は低い。PTAでは、事件後役員パトロールを行った。

一 小
旧クラブ室には児童課とのホットラインがあったが、新施設内には火災報知機、インターホンの設置がないので、設置とホットラインの移設を指導員が要望。CAP検討中。学校では、老人ボランティアが近隣パトロールに協力してくれている。

桜 野
親の有志が帰路を引率したりしている。父母会ニュースで子どもの帰り時間を確認。7/13保護者会でクラブの安全対策について、指導員より説明があった。父母の出席が少なく、父母として安全対策については懇談できず。8月下旬安全対策、CAP、他行事の話題をも含め、納涼父母懇談会を予定している。

井の頭
6/30安全対策についての父母会開催。通学路の中に危険な場所がないか確認しながら、駆け込む場所などについて、対策を話し合った。CAP実施を検討中。

大野田
杉並の事件当日は、以前変質者が出たコースの子を指導員が送っていった。子ども7/18、大人7/21にCAP講習会開催。

境 南
指導員が防犯ベルを携帯。入り口に、インターホン設置を希望。指導員が5時、6時帰りの子どもをピロティ(1階)まで送ってくれる。※全指導員が防犯ベルを携帯しています。

※7月のクラブ活動報告は、ほとんどがキャンプですので、9月号にて併せて掲載いたします。ご了承ください。


●子どもまつり 新運営で進行中。どんどん意見を!

 7月17日(火)、第2回実行委員会が行なわれました。対外的な後援や協力の要請も進み、運営は合理的に進めて行くことができそうです。まつりの内容について、積極的な意見・参加をお願いします。

・《募集中》当日の司会をやってくださる方…自薦・他薦を問いません。
     「我こそは!」という方はぜひ! ⇒連絡は遠藤(大野田)まで。

・《子どもまつりらしいフィナーレって?》
 まつりのラストを飾るフィナーレのあり方について、検討中です。
 以前は、各クラブでおみこしの準備や練習をしてまつりに臨んだので、子どもたちも積極的に参加していたが、現在ではその日だけの“やらされ”的な要素もあるのではないか?

・みんなが1日楽しかったと思えるしめくくりの方法は?
 みこしのフィナーレ自体をやめるということではなく、次回(9月4日)実行委員会では、まつりの内容についてもっと話し合います。
 ご意見などありましたら、クラブ子どもまつり担当か学童協役員へ。

「企画」提出締め切りは、8月25日 お忘れなくお願いします!


●11月3日と4日は、全国研へ行こう!!
 
 毎年、5000人規模で全国から参加者が集まるのが『全国学童保育研究集会』(主催:全国学童保育連絡協議会)です。「学童とは何か?」といった初歩の初歩から、父会活動の実践方法、子どもの遊び、自治体への対応などさまざまテーマに分かれての学習や意見交換などが行われます。
 全国研の良さについて、参加者の多くは、「何よりも、会場の熱気にうたれる。そして、明日からがんばるぞ!のエネルギーをもらえること」と話しています。また、全国の学童の様子もよくわかるのが、この研究集会です。36回目の今年は、静岡県と近く、日帰りもできます。
 むずかしいことは考えずに、まず参加してみませんか。保育もありますよ!

★日時:2001年11月3日(土)13:00~ <全体会>/4日(日)9:30~ <分科会>
★場所:全体会=静岡グランシップ / 分科会=静岡大学(共に静岡市)

◎詳しくは、案内リーフレットをご参照ください(このニュースといっしょに配布しています)。
                
※申込方法:締め切りは、9月13日。クラブ学童協担当へ(担当の方は、定例会に持参ください)。学童協で一括申し込みします。

★詳しくは全国学童保育連絡協議会WEBへ


●地域子ども館(仮称)検討委員会報告

 第2回検討委員会は、7月23日19時より商工会館にて行われました。
 各委員の立場(学校、青少協、施設開放など)からの貴重なアイデアや活発な意見が出されました。当初まったくイメージがつかめなかった状態から、徐々に、「強制的でないゆったりした環境づくり、子どもたちが自由な発想の中で過ごせる場所、さまざまな人材活用による有意義なコーナー…」といったイメージを持ちながら、子どもたちの放課後の過ごし方が検討されはじめました。
 8・9月には、他自治体で行われている全児童対策の視察にも行く予定です。

 次回:9月18日(火)19時 商工会館5階   (傍聴可能。直接会場へお越しください)


●「日本の学童ほいく誌」をみんなで購読しましょう!
 全国各地に、同じような思いを持つ父母、指導員がたくさんいます。 日常生活、あるいは子育てのヒントになること、仕事の愚痴や悩み、うれしい話、いい話が盛りだくさんです。日頃の息抜きにどうぞ。
 まんがやクイズなどもあり、お子さまとごいっしょに。

半年購読(11月号~4月号)受付中!!  1,980円也。

※各クラブ学童協担当へお申し込みください。

▼クラブ別購読数 60冊   2001.7月現在
本宿=1  五小=3  三小=6  関前南=6  北町=1  千川=1  一小=14  二小=4  井の頭=4 桜野=7  大野田=10  境南=4
                         

★『日本の学童ほいく』は全国学童保育連絡協議会の機関誌であり、学童保育をテーマとする日本で唯一の専門月刊誌です。
  5つの特徴があります。
  1.読者である父母と指導員が自らつくっている雑誌
  2.働きながらの子育てに役立つ雑誌
  3.指導員の実践に役立つ雑誌
  4.学童保育の運動を進めるのに役立つ雑誌
  5.父母と指導員が共感をつくる雑誌
 2000年8月号で300号を迎えました。現在約42,000部を発行しています。

詳しくは、全国学童保育連絡協議会「学童ほいく」のページ へ 


◆ クラブ見学ツアー実施!
 他のクラブはどんなところ?! みんなで見に行きましょう!!

●実施日:2001年9月29日(土) 午後1時半~5時頃
●予定見学先:大野田、一小、北町クラブ/杉並区児童館(学童併設)

※詳細は、9月号ニュースにてお知らせします。 予定に入れておいてください。
※子ども同伴可、途中参加可です。 ご家族で、ご参加ください。


●活動報告

7月15日(日) 三多摩連協運営委員会
7月17日(火) 子どもまつり実行委員会
7月23日(月) 地域子ども館検討委員会
8月 1日(水) 保問協定例会
8月 2日(木) 役員会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。