武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

講師 古谷健太氏(全国連協副会長)
学童保育に初めて関わることになった保護者や指導員の方々には、「どうして?」と不思議に思うことも多いようです。学童保育はどういうところなのか?これまでどう扱われてきたのか? これからどうしていけば良いのか? 分かりやすく解説します。
続きを読む
講師 池上洋通氏(多摩住民自治研究所顧問)
「地方分権」「民間化」の中で、大きく揺れ動いている地方自治。「幼保一元化」「『放課後子どもプラン』の見直し」「正規・非正規雇用」など、保育行政をとおしても地方自治体の現状と課題が見えてきます。主権者であるわたしたちがのぞむ社会、自治体をどう創り上げるのか。「お金がない!」は理由になりません。

こちらは2009年度の分科会内容です
続きを読む
講師 木田保男氏(全国連協事務局長)
「新設・分割」が進まない中で、改めて学童保育の大規模化の現状と子どもたちの生活の実態を交流し、大規模学童保育の問題点、「新設・分割」の必要性を学びます。新たに出された「安心こども基金」も活用し、「新設・分割」の取り組みを交流します。

こちらは2009年度 分科会の内容です
続きを読む
講師 安藤耕司氏(たのしーのひ代表・練馬区児童館職員)
集団で遊んでいる時の子どもたちの真剣さには、独り遊びとは違った目の輝きがあります。学童保育の中で楽しめる集団遊びを、実際に遊びながら学びます。「何をやって遊ぼう?」から「わーいみんな、あそぼうよ!」へ

【ミニ解説】
安藤さんは、大人同士も楽しくあそんじゃえ!っと、たのしーのひ という活動をされています。参加された大人の人達は、口々に「楽しかった~」と満足。もちろん、子ども達も。電子ゲームで遊ぶより、皆で遊んだほうがずっと面白い。ぜひ、体験してみましょう!

【昨年の参加者感想】
●もっといっぱい遊びたかったです。
●じぶんもひさびさに集団あそびたのしかった。大人もたのしくなくちゃいみがないよね。ということに共感しました。
●遊びの楽しさや、関わりの大切さ、コミュニケーションの重要性を学べさせてもらいました、また明日から子ども達と楽しくすごしたいと思います。
●あー楽しかった。 大人同士で遊ぶっていいかも。
●すごく楽しかったです。保育園や学童でもできるようなものもあり教えてあげたい。 また[あそびを作る]とゆう概念を初めてもてました。
●学童クラブに先生方をお呼びして、子ども・保護者で楽しみたいと思った。
●遊びを通して子供とのかかわり方や一緒に楽しむことの大事さを学びました。
●大人も楽しまないとあそびじゃないというのが、あっそだなと感じました。
●分科会、あっというまに終わりました。 楽しい時間をみんなと過ごすのは良かったです。 今日したあそび、やってみます。
●すごく楽しかったです。初めてのフォーラム参加です。何気なく選んで参加しましたが、本当に来て良かったです。真剣にあそんでしまいました。
それがこんなに気持ちいいなんて... 子ども2人も一緒に参加しましたが、すごくたのしんでました。大人が大勢・子どももいっしょに精一杯心からあそぶことで見えるもの、共感できることがあると実感しました。 すごくすごく良かった!
題字


2009年6月12日
発行 武蔵野市学童クラブ連絡協議会
会長 渡辺 剛
musahino.gakudo@google.com


開催レポート
【5月17日】第33回定例総会開催 役員、専門部会決定


お知らせ
2009年の主な予定
【6月28日】三多摩学童協フォーラム
【7月4日】キャンプ交流会
日本の学童ほいく誌
ほいく誌200905表紙"


ブログを開設しました


コラム
武蔵野市学童クラブの歴史

各記事からは、バックボタンで戻ってください。
5月17日西久保コミセンにおいて学童協の第33回定期総会が行われました。
旧新会長・学童協担当者をはじめたくさんの方々の出席のもと‘08年度の活動報告・会計報告、‘09年度の活動方針案・予算案がそれぞれ承認されました。本年度の学童協役員・専門部などの担当決めも行いました。ご出席いただいた各クラブの役員および学童協担当者の皆さま、長時間お疲れさまでした。
続きを読む
外は雨、遊びたい子供達があなたの前に。
さぁ、どうする?


子供の心をぐいぐいと惹き付ける、室内遊びの秘儀を、遊びのエキスパートが伝授。これであなたも子供達の人気者!キャンプ担当もそうでない方もぜひ、親子でご参加下さい。

[本イベントは終了しました。多数のご来場をいただき、ありがとうございました。開催報告←クリック]
続きを読む
注意事項:電車の中で読む時は十分ご注意ください。不意に涙腺が緩むことがあります。

忙しい父母と指導員が子供の成長を見守る学童保育。そこで何が起きているのか?全国の学童父母や指導員が寄せる、学童の魅力や問題、子供達のけなげな姿、思わず笑ってしまうようなしぐさ、を伝える生の声が「学童ほいく誌」には掲載されています。知れば知るほど惹かれてしまう学童の暖かさにぜひ触れてみてください。

学童協では全国学童保育連絡協議会が発行している月刊誌「日本の学童ほいく」の購読を推進しています。クラブ生活の身近な内容が盛りだくさんです。ご希望の方は学童協担当までご連絡ください。
続きを読む
学童クラブの歴史は古く、1963年(昭和38年)に「鍵っ子対策」として五小地区青少協ボランティアにより学童保育『友だちの家』が誕生したのが始まりです。


続きを読む
こんにちは、
武蔵野市 学童協 の ニュース担当です。

今まで、「学童協ニュース」では学童協の多様な活動をご紹介してきました。
このブログでは、紙の「学童協ニュース」ではお伝えしきれない内容や、学童クラブに関する最新情報をお伝していきたく思いますので、よろしくお願いいたします。
●とき 2009年6月28日(日)
開場・受付11:20am.~(総会は9:10am.~)
●ところ 嘉悦大学
〒187-8578 東京都小平市花小金井南町2-8-4

[本イベントは終了しました。多数のご来場をいただき、ありがとうございました。]


・開催レポート
・プログラム詳細
・参加者の感想
続きを読む
西久保コミセン

〒180-0013 武蔵野市西久保1-23-7
TEL 0422-54-8990

【簡易地図】
nishikubo2.gif

【パソコン用地図】


三鷹駅の北口階段を降りたら正面の道(銀行の横)直進
東急ストアの角を左折
ファミリーマート横をすぎ
左手にあります

【詳細】

nishikubop.jpg