武蔵野市学童協ニュース

武蔵野市学童クラブの皆さん、コメントへの投稿おまちしてまーす。

生い立ち ― むさしの子どもまつりの誕生

☆ 1981年、武蔵野市内の学童クラブの親子による第1回「学童まつり」が武蔵野中央公園で開かれました。初めて全学童クラブの交流が実現し喜びあった父母たちは、「学童クラブだけでなく武蔵野市の全ての子どもたちと一緒に楽しめたらどんなに素晴らしいことか」と夢をふくらませました。

☆ 一方、市内西部地域を中心に、子どもを守る会・学生セツルメント・子ども会・婦人団体・老人会・教職員組合・商店会・市民会館・人形劇や絵のサークルなど諸団体と有志が子育てで手をつなぎ、1970年から12年間「武蔵野子どもまつり」を続けていました。

☆子ども時代に大切な“遊び”の時間や広場がなくなっていくのを心配して、この西部地域中心の「子どもまつり」と3回目を準備していた「学童まつり」は相談し合い、一緒に市内の諸団体にむけて“新しい子どもまつり”をつくろうと呼びかけました。

☆ こうして1983年、市内30数団体が実行委員会を作り、新しい「むさしの子どもまつり」が誕生しました。第1回むさしの子どもまつりには、約7000人の大人と子どもが参加してにぎわいました。以来20年以上にわたり、子どもまつりは地域にすっかり定着し、子どもたちをとりまく環境が大きく変わる中にあっても、いっそう期待され愛されています。
続きを読む